広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

難付着サイディングの塗装

家を建てる時に、ハウスメーカーさんから「この外壁は高耐久なので塗り替えは必要ありません」と言われなかったでしょうか?

なのに、10年点検時に塗り替えを勧められたというお話をよく聞きます(笑)

そいうえば言われた記憶があるという場合は、塗装は要注意です。元々高耐久コーティーングが施されているサイディングは塗装がくっつきにくいので「難付着サイディング」と呼ばれており、いくつかの注意点があります。

難付着サイディングに普通に塗装するとどうなる?

難付着サイディングに普通に塗装すると、新しい塗膜がベロンとはがれてしまったり、ただれてしまうことがあります。これは、元のコーティングがまだ活きている上に塗装をしたことで、新しい塗料がくっつかず、熱などの影響ではがれてしまう現象です。
難付着ボードの塗装がはがれた画像
私たち塗装店は、傷んだ外壁や屋根などを塗り替えることで家を長持ちさせる努力をしていますが、ハウスメーカーさんやサイディングボードメーカーさんは、将来できるだけ塗り替えたりする必要がない、メンテナンスフリーの家を創ろうと努力しています。

例えば、25~30年塗り替える必要がない外壁なのに、コケやカビが目立つと汚く見えるのできれいにしたいと思われますよね。あるいは、塗装業者が塗り替えませんか?と訪問営業をしてくるかもしれません。

難付着ボードかどうかを見極める 手順1.

難付着ボードは2001年ごろを境に市場に出始めているため、2001年ごろあるいはそれ以降に建てられたお家であれば注意が必要です。

特に、高意匠サイディングと言って、見た目が本物のレンガのように見える外壁であったり、意匠性が高い外壁であれば難付着サイディングの可能性があります。

難付着ボードかどうかを見極めるには築年数が目安になりますが、外壁の状態から判断することができます。

難付着サイディングはチョーキングしない? 手順2.

難付着サイディングは高耐久なコーティングが施されているため、チョーキング(手で触ると白い粉がつく現象)しにくいです。ですから、まず東西南北面のサイディングを手で触ってみてチョーキングしているかどうかをチェックします。
チョーキング現象の画像

画像のように指先に白い粉が付くようであれば難付着サイディングではないので通常通りの塗装で大丈夫ですが、築後15年以上経過しているのにチョーキングしていない(手に白い粉が付かない)場合は難付着サイディングの可能性があります。

ここでの注意点は、検査する部位はどこでも良いというわけではなく、特に日当たりが良い南面や西面でチェックすることが重要になります。

親水性検査 手順3.

いま主流の塗料のほとんどが親水性の性質を持っています。親水性(しんすいせい)とは、ワックスがかかっていない車のように水を弾かずじわ~っと馴染ませる性質のことです。
難付着サイディング 超親水性塗膜の画像

外壁についた汚れを取るために雨水を外壁になじませることで汚れごと洗い流したいという考えで親水性の性質にしてあるのです。

この親水性塗膜はこけやカビの温床になっていたり、雨漏りを誘発させたりと問題も多々あるのですが、その点については本章では割愛します。

外壁にスプレーで水をかけてみることで親水性の程度がわかります。高耐久なコーティングがなされている外壁ほど、超親水性塗膜になっていますから、難付着サイディングかどうかを見分けるひとつの情報になります。

例えば光触媒コーティングが良い例で、水をかけると驚くほど外壁に水が馴染んでしまいます。

溶剤拭き 手順4.

その他の方法として、ラッカーシンナーで外壁を拭いてみるというやり方もあります。それで元の塗料が溶けるようであれば難付着サイディングではありません。

ラッカーシンナーで拭いてみても元の塗料が溶けない場合は難付着サイディングの可能性が高いです。

ただしこの検査方法には注意が必要です。なぜなら、まだ塗装すること(業者)が決まっていない段階で旧塗膜が溶けてしまった場合、元には戻りませんので責任問題になります。

この検査方法は、すでに塗装する業者(塗り替えること)が決まっている場合にのみ試せる方法になります。

難付着サイディングに塗料メーカーの対応は?

昨今は住宅メーカーさんがメンテナンスフリー化を図っておられるので、〝外壁は10年で塗り替えるもの”という概念ではなくなってきているわけです。

失敗しないためにも、お客様には新築時に「この外壁は長持ちするので塗り替えなくてもいいですよ」と言われなかったかどうかを想い出していただきたいですし、我々業者側も難付着サイディングかどうかを見極めなければならないということなのです。

そうはいっても、やはり塗り替えなければならない時期が来るので、塗料メーカーさんも対応策を考えていて、難付着サイディングの上からでも塗れる新しい下地処理材を作って販売してくれています。

ただし、このような下地処理材を使えば問題はないという段階には達しておらず、剥がれてしまう場合もあるので注意が必要です。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ