広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

外壁塗装工事に失敗しない業者を選ぶ方法とは?

外壁塗装の業者選びで失敗しないためには、複数の業者に見積りを取ることが重要です。ただし、何も考えずにただ複数取れば良いというわけではありません。

このページでは、複数の業者から見積りを取るときの重要なポイントを解説していきます。

外壁塗装にも存在する一括見積サイト。一括見積サイトに対する私の考えはこちらで書いています。
https://gaiheki.bosui.net/gyousya/mitsumori-site/

お客様の考える相見積りとは

お客様の考える相見積りとは、値段を比較したい=相見積りではないでしょうか?

なのに工事仕様(商品)が違うと比較にならない、そう思われているはずです。

ここで大事なことがあります。外壁塗装工事は製品ではありません。

もしこれが洗濯機や冷蔵庫だったら、家電量販店を歩いて同じ商品の値段を比較して一番安いところから購入すればよいと思いますが、外壁塗装工事はそうはいきません。

製品であるのは塗料だけ。その塗料を誰が、どのような気象条件下で、何グラム使って、何回塗るか、によって品質が変わってくるので、一概に値段の比較だけで決めればよいとは言えないのです。

実は、これでいいのです。相見積りを取る重要性は単に価格の比較だけではありません。

複数の業者がどんな提案をしてくるかを知るために相見積りを取ればいいのです。

お客様層と業者層がある

お客様層と業者層があります。

とにかく安ければよいというお客様と、値段だけではなく良い仕事をしてくれてきちんとアフターも面倒を見てくれるところが良いお客様と、ハウスメーカーに頼んだほうが安心というお客様と、お抱えの工務店に頼むというようなお客様がいらっしゃいます。

いわゆる、業者側から見たお客様層の違いです。

それと同じように塗装業者にも、ただ安い業者、激安ではないけれど良い仕事をしアフターもきちんとやる業者、決して仕事はうまくはないがお客様との信頼関係が厚い業者などがいます。

これが業者層です。

どんな業者が自分に一番合っているかを見極め、探したい業者のターゲットを絞ることが外壁塗装に失敗しない近道であることは言うまでもありません。

塗装業者の見積金額に差がある理由

工程の違い

業者によって工程の違いがあるため、人件費や材料費なども変わってきます。

例えばA社の塗装は2回塗り工程、B社の塗装は3回塗り工程、C社の塗装は4回塗り工程だとします。

するとC社はA社の二倍工程を必要としますからその分コストは上がります。

また、もし同じ工程回数だったらコストが安い方が当然良いのですが、塗装工事の場合は一概にそうも言えません。

なぜなら原価管理ができてなかったり、ただ仕事欲しさにエイヤーの勢いで安く請け負ったりしていて、その会社が倒産してしまったら損をするのはお客様だからです。

施工業者が倒産してしまったら保証も受けられませんし、アフターサービスもなくなります。それは大きな損失ではないでしょうか。

中間マージンと粗利率

中間マージンと粗利率は会社によって粗利率は違うため、見積金額に差が出るのは当然です。

例えば外壁塗装をハウスメーカーに注文した場合、塗装専門店だと120万円の工事が、ハウスメーカーだと同じ内容で180万円ほどになります。

健全な経営をしていくためには30~35%の粗利益が必要ですが、ハウスメーカーの粗利益率は優に50%を超えているのです。

さらに、ハウスメーカーが発注する大手塗料メーカーの粗利益率も40~50%と高い比率です。

その中で実際に塗装工事を行う職人の給料は30万円を切っていることが多いです。これではお客様は無駄な中間マージンを上納するだけで、実際本来の価値を買っていることにはなりません。

安すぎる会社も危険

安すぎる会社も危険です。

原価はどこもたいして差はないはずですが、めっぽう安いところは原価管理ができていない可能性があります。

あるいは、最初から粗利を下げて仕事を取ろうとしてるかです。

なぜ、粗利を削ってまで安く仕事を取る必要があるのでしょうか?

安くしないと仕事が取れない会社か、一円でも安く提供することが良いことだと勘違いしているかです。

それよりも大事なことは、工事を完工引き渡しした後もずっとアフターサービスを継続していける力があるかどうかなのです。そのためには利益は必要不可欠です。

安い塗装業者は工期も短い

安い塗装業者は工期も短いです。

その差は、

・塗回数
・塗料の使用料
・可使時間を取っているかいないか
・乾燥養生期間を設けているかどうか
・下地処理に手間をかけているかどうか
・工事工程管理上、監督の細かい指示や検査などが工程管理上組み込まれているかどうか

などが理由です。

それらがすべて工期の差となり、金額の差となるのです。

広島市西区のあるお客様によると、同じような形の住宅の塗り替えを先にされたご近所様に価格を聞いたら100万円だったけど、工期が1週間で終わったのでちゃんと塗っていないと思い、別の業者に見積もりを取ってみると180万だったが結局そこにお願いしたそうです。工期は約1か月かかったとのことです。

同じ住宅なのにかたや100万円、かたや180万円で塗り替えた。その差は工期の長さにありました。

100万円の業者は2人x6日=12人工で完了、180万円の業者は2人x30日=60人工で完了しました。その差は実に48人工にも及びます。

どちらも塗装職人の施工で、180万円の工事を行った業者は1級技能士と腕は一流でした。

100万円の方の職人は、一流の職人が30日かかる仕事をたった6日で終わらせられる超スーパーエリート職人だったのでしょうか?

それはまずありえません。超スーパーエリート職人なら逆に給料が高いはずですから。

■資格取得は自分の価値を上げるための投資

先に述べたように給料の差は避けられません。覚えたてのアルバイトのような素人が塗るのと、一級技能士が塗るのとでは給料が違います。

また素人が管理するのと施工管理技士が管理するのとでは給料の差があって当たり前です。

だって彼らは自分に投資をして資格を取得したのですから。

有資格者のほうが給料が安いなんて世界はどこにもないはずですから。

業者の言うことが各社バラバラなのはどうして?

Q.外壁塗装の相見積り業者の言うことが各社バラバラなのはどうしてですか?ある業者が提案してきた塗料を、他の業者はその塗料は良くないと言われました。こうなると一体何を信用すればよいのかわからなくて困っています。

はい、よくあることですね。それではお答えします。

A社・B社・C社の3社から相見積りを取って提案を受けることは当たり前の時代になりました。

値段を比較しようと思って数社から相見積りを取ってみたけど、各社それぞれ違う塗料を提案してきたり、言うことがバラバラだったりすると、値段の比較もしようがありませんし、何が本当なのか余計にわからなくなってしまうと思います。

例えば、
A社は「クリアー塗装で長持ちさせられますよ」といい、B社は「クリアーは早く傷むから色付きの塗装をした方がいいです」と言われたとか。

あるいは、
B社は「シーリングは傷んでいるところだけ補修すれば大丈夫です」といい、C社は「シーリングはすべて撤去して打ち替える必要があります」と言われるなど、真逆のことを言われることもあるのではないでしょうか。

なぜこのような情報交錯が生まれるのでしょうか?これにはいくつかの理由が考えられます。

業者の勉強不足で誤った診断をしている

建築リフォーム否、塗装リフォーム業界には各種の勉強の場がありますが、他社と違うことを言われた場合は業者の勉強不足で誤った診断をしているかもしれません。

専門的で正しい知識を持った者=有資格者であれば、これならどこも同じ提案になるはずですよね。

それがそうはならないのは、資格をもっていない=知識がない者が提案をしているからではないでしょうか。

国家資格に始まり、民間のマイスターなどの資格もあるので、受講して知識を高めたいと望めば誰でも有資格者になれる権利があります。

お客様の家にあった塗料ではなく業者の売りたい塗料を提案している

お客様の家にあった塗料ではなく業者の売りたい塗料を提案している業者は、自社開発の塗料を勧めて利益を出そうとている場合があります。

まずこれだけ大手の塗料メーカーが存在している中で、自社開発の塗料というのはまさに業者が売りたい塗料と言えます。

何でもそうですが、材料を仕入れて物を作って販売する工程でコストダウンと利益増を追求するには、材料を自分で作って自給自足すれば最大の利益が生まれます。

もしもガソリンを自分で生成できるなら相当コストダウンにつながりますよね?しかも売ることができれば莫大な利益が生まれます。

このように、大手メーカーが長年研究開発を繰り返しながら作っている塗料がダメだからもっと良い塗料を自社開発しました、というのはなかなかない話ではないでしょうか。

塗料に関しては、最も不明瞭な部分でもあります。

はたしてお客様の家に合っているのかどうか?については、その業者を信用するしかありません。

自社の職人が嫌がる塗料は否定する

営業マンは、自社の職人が嫌がる塗料は否定して、他社とは違うことを提案することがあります。

「あの塗料は塗りにくい」「あの塗料は養生が面倒くさい」「あの塗料は塗り回数が多いからやりたくない」という職人が塗装業界には多いため、もしも自社の職人がそんなわがままな職人だったら、営業マンは職人がやりたがらない塗料をわざわざ勧めたりしませんよね。

例えばガイナは塗りにくい塗料なので嫌がる職人が多いですし、クリアー塗料は養生が大変なのでやりたくないという職人が多いです。

自分たちがやりやすい塗料、使いやすい塗料、利益が出る塗料をお客様に提案しているのであれば、これはお客様目線ではなく自ら目線と言えます。

これを見抜くには施工実績を調べれば容易にわかります。

世の中にはいろんな建物があり、それぞれ外壁の種類も構造も異なりますから、それに合った塗料を選択する必要があります。

ですが、同じメーカーの同じ塗料ばかりの施工実績が豊富な業者は、たとえどんな構造の家であってもその塗料しか塗る気はない、そのメーカーの塗料しか売る気がないのではないでしょうか。

建物構造の知識を持っていない

塗装職人や営業マンが*建物構造の知識を持っていないと、適切な判断ができずに他社とは違う見積内容になってしまいます。

昔は誰もが家を建ててくれた工務店に依頼していたはずですが、今はインターネットを通じて専門業者を見つけることが容易になり、工務店に依頼する方が減っています。

しかし、装職人や営業マンが*建物構造の知識がないため、現実は相性の良くない塗料を塗られていることが多いのが事実・・・。

新築時にはコストも重要ですが、やはり機能性を一番に考えて造られています。

例えば外壁に通気性を持たせるためにアクリルリシンが吹き付けてあるとか、軒天は通気性が重要なので透湿型塗料が塗られているとか、ベストな設計がされています。

ですが、塗り替え時には建物構造の知識を持っていない塗装職人が塗るので、これらの本来重要であることを無視して塗られることになるわけです。

もちろんそんなことは素人のお客様は知る由もありません。100万円以上出して塗り替えた家がまさか、塗り替える前より余計に悪くなったなどとは、誰も思いません。

塗料選びは外壁の耐久性だけでなく、家の寿命にかかわるので重要なのです。

*一級建築士、一級建築施工管理技士などなら建物構造知識があります

外壁塗装の相見積もりはお見合い?!

実は、外壁塗装の相見積もりはお見合いだと考えれば非常にわかりやすくなります。

昨今では、相見積もりを取られることはあたり前の世の中になってきました。

一方で、複数社から話を聞いて検討比較するつもりが相見積もりを取って余計にわからなくなったという声もよく耳にします。

一般的に相見積もりを取る対象の業者は、

1.家を建築したハウスメーカー
2.訪問営業してきた業者
3.自分で選んだ業者

ではないかと思います。

各々の業者が好きなことを提案してきます。

それは自社が売りたい塗料であったり、ノルマを達成するために契約を急いでいたりと、業者サイドのメリットを押しつけられることが非常に多いのです。

そして何より建築の知識がない素人さんには、何を言われても本当のように聞こえるし、あるいは各社言うことが違うから何を信じていいのか分からなくなるのではないでしょうか。

3人の男性の中から1人を選ぶ

外壁塗装の費用

工事が竣工したら外壁塗装の費用を支払わなければなりません。

これを恋愛に置き換えて考えてみましょう。

お客様は結婚相談所で素敵な男性を紹介してもらいたいとします。それには費用がかかります。

ここでカップル成立した場合の紹介手数料が100万円のA社と、紹介手数料が300万円のB社があるとします。

A社とB社は何が違うと思われますか?A社が適正な業者でB社はぼったくり業者なのでしょうか?

実は一概にそうだとは言えません。

A社が紹介する男性は平均年収400万円クラスの男性ばかり。B社が紹介する男性は平均年収1000万円クラスの男性ばかり、であるとしたらどうでしょうか?

つまり、紹介手数料の差は紹介する男性のレベルや層、いわば質が違うのです。

わざわざ年収の低い男性を結婚相手に選びますか?選びませんよね。

この場合の男性(年収)が工事品質・サービス・価値で紹介手数料が工事代金です。

最初から金額の安いところを探しているのであれば、紹介手数料(工事代金)が安い会社を選ぶことです。

その代わり、紹介手数料(工事代金)が安いということは、紹介される男性の年収(工事品質・サービス・価値)も低いと思った方が賢明です。

業者選びが難しいと考えられている方は、何かの色眼鏡で見ているのではないでしょうか?

裸眼でしっかりと塗装業者を見比べてみてください。業者選びは実は簡単なのです。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ