広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

Q.工事中に塗料が散らないか心配…散った場合の責任は?

Q.塗装工事で車に塗料が散らないか心配です。また散った場合の責任はどうなりますか?

Q.塗装工事で車に塗料が散らないか心配です。また散った場合の責任はどうなりますか?

A.外壁塗装工事で塗料が飛散するリスクは0ではありません。むしろ、塗装作業中に塗料は必ず飛散します。これを前提に施工計画を立てることが重要になります。

塗料が飛散した時の責任は誰にあるか?

塗料の飛散防止対策を十分に施した上で、それでも車などに塗料が散ってしまった場合の責任はやはり工事施工業者にあります。塗料が散ってしまった場合は速やかにディーラーに相談し、塗料除去とコーティング作業を行ってもらう必要があります。

費用は普通車・軽自動車によって多少の変動はありますが、おおよその費用は12万円~15万円程度です。この補償を実費で行うのは厳しいので、施工業者は保険に入っておくことが必須になります。

塗料が飛散する事故は比較的多いため、保険で対応するのが一般的ですが、中には保険に加入していない塗装業者もいるので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

勘違い

まとめ

塗料が散った場合の責任は施工業者にある。
万が一のために保険に加入しておくことが重要。
保険に加入している業者を選定する。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ