広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

屋根カバー工法と葺き替え、どちらが正しいの?

屋根カーバー工法

Q.屋根カバー工法と葺き替え、どちらが正しいの?

カバー工法とは、既存の屋根材の上から新規の屋根材を被せて施工する工法です。カバー工法の場合は旧屋根材は剥がしません。

主に現状の屋根材がカラーベスト(平板スレート屋根)、瓦棒や折半などの金属屋根、波型スレート屋根などの改修に用いられる工法です。

カバー工法のメリットは、屋根改修時に旧屋根材をはがさなくて良いので、以下のメリットがあります。

  • 廃材処分費を削減できる
  • 工期を短縮できる
  • 工事中に雨漏りする心配がない
  • 屋根カバー工法のデメリット

    一方で、カバー工法にはデメリットもあります。それは、旧屋根下地が健全であるかどうかわからないという点。

    もし雨水が浸入していて屋根下地が腐っていたとしても、屋根材をはがしてみないことにはわかりません。カバー工法のデメリットはまさにこの点にあります。

    例えばこちらがその事例です。カラーベスト屋根を剥がして、ゴムアスルーフィングを剥がしてみて初めて屋根下地が腐っていたことがわかりました。

    屋根下地の腐れ画像例えば、屋根の上で軽くジャンプするようにして下地の状態を調べる(腐っていれば強度が下がるので下地が柔らかく感じる)なんて言う職人もいますが、この方法は不確実です。

    また、実際にこの物件をこの方法で調べてみましたが、下地が腐食しているかどうかは軽くジャンプするようにしてもわかりませんでした。

    屋根下地の腐れ補修画像合板(野地板)を剥がして、垂木を撤去して、補強しました。

    これは、葺き替え工法であったからこそ気付けたことで、カバー工法を選択していたらこのままの状態で上から屋根を被せてしまうことになります。

    それはまるで、虫歯の治療をせずに銀歯を被せることと同じで、将来どうなるかは予想がつくと思います。

    しろありが発生したり、黒カビが繁殖したり、健康に影響を及ぼすことにもなりかねませんし、腐食してしまうと強度が低下し、台風などで屋根が飛んでしまうかもしれません。

    このようなことから、大同防水では屋根リフォームはカバー工法よりも葺き替え工法をおすすめしています
    ステンレス屋根

    ステンレス屋根葺き替え一文字張り

    Return Top