広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

窯業系サイディングの塗装

窯業系サイディングの塗装と性質

昨今の住宅は約80%がサイディングボードの外壁です。サイディングには窯業系と金属系とがあり、中でも9割が窯業系サイディングです。

窯業系サイディングの製造過程画像窯業系サイディングはセメントと木の繊維を主な原料にして板状に形成したものです。金型技術の向上で自由自在なエンボスと色合いを出すことが出来ます。

こう想像してください。セメントの中に木のくずを混ぜたものを金型に入れて固めて、取りだしたものをベルトコンベヤに載せて、インクジェットプリンターで色を付ける、これがサイディングボードの製造方法です。チョコレートと一緒だと思って頂ければ良いです。

問題は性質です。サイディングボードは意外と重いです。寸法は短手方向が455mm、長手方向が3,030mm、重さは1枚で16~24kgもあります。重さや叩いた感触はセメント、一見コンクリートを想像してしまいますが、窯業系サイディングはコンクリートではなく木だと思わなければならないのです。

この性質を間違えて理解すると塗る塗料を間違えてしまいますから注意が必要です。

窯業系サイディングの塗装方法

現行のサイディング外壁は通気工法と言って、サイディングボードを16~18mm程度浮かして張られています。この空間が通気層になるので、サイディングボードの上に塗る塗料は通気性を有するものでなくても大丈夫です。

ただし、サイディングボードは熱を持ちやすいので、弾性の柔らかい伸びる塗料は塗らない方が良いです。伸びる塗料を塗ってしまうと熱収縮により塗膜がふくれてしまうことがあります。

窯業系サイディングを塗り替える場合は、塗料の選定は重要です。高意匠サイディングの場合はクリアコートで保護するプランが主流でしたが、あえて色を付けて2色、3色と色を替えて、外壁のイメージを一新させることもできます。

サイディング二色塗り分け工法イメージ画像例えば左の画像は2色を使って模様を替えた場合の仕上がりイメージです。元の1色の外壁よりも陰影が出て存在感が出ることにより高級感が増しました。

サイディング3色塗り分け工法画像下の画像は3色を使って模様を替えた場合の仕上がりイメージです。どちらもローラーで手塗りです。このような工法はすべての職人が施工できるわけではありませんし、むしろ嫌がる職人が多い中、大同防水では自信を持っておすすめしています。

その他では、多彩模様と言って、塗料にチップが入ったものを吹き付ける工法もあります。塗膜はキラキラ系なので女性受けが良いのですが、サイディング目地シーリングの上にも吹き付けるので、シーリングメンテナンスはしないことが前提になります。

シリコンにしますか?フッ素にしますか?無機にしますか?予算次第です、なんて言う営業トークは大同防水にはありません。
お客様が気に入られる工法がどれなのか複数の選択肢をご用意させていただきます。

Return Top