広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

親水性塗膜は雨漏りを引き起こす?

親水性塗膜とは

ひび割れと毛細管現象

見た目を重視してしまいがちな日本人

日本人はどうやらひび割れを嫌悪してしまう傾向にあるようです。割れると見た目が不細工なのでどうにかひび割れを隠そうとする、あるいはひび割れないように柔らかい塗料で隠してしまおうとする、などです。

ところが、モルタルやコンクリートが割れるのは当たり前のことで、割れないコンクリートを発明したらノーベル賞ものです。
やわらかい塗料でひび割れを包み隠すと確かに塗膜表面はひび割れにくくなりますが、同時に建物の通気性を損なってしまいます。

建物にとって呼吸は、私たち人間と同じくらい大切な機能であり、呼吸を妨げてはならないのです。もしも呼吸できない塗料を外壁に塗ってしまったらどうなるでしょう?

壁の中にはグラスウールという断熱材が入っていますが、この断熱材も呼吸できるように実はビニルに穴が開いているのです。でも呼吸ができなくなってしまうと断熱材が湿気てしまい、カビの温床と化してしまいます。

また断熱材は一度湿ってしまうと断熱性能を著しく損なってしまうので、目に見えないところで大切な我が家が蝕まれて行くというようなことも外壁の塗り替え工事にはそのリスクが大いにあるのです。

割れても雨水が浸入しなければよい

ひび割れても雨水が浸入しなければ良いという考え方なのが大同防水です。割れるということは空気がそこから逃げるということですよね。
ということは割れていなかった以前の状態よりも、外壁の通気性は高いことになります。

建物の寿命と通気性は密接な関係があるので、最も重要なのは通気性能なのです。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ