広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

30年持つ自社開発セラミック塗料は存在する?

30年持つ自社開発セラミック塗料

もし存在するなら公共施設に採用されているはず

30年持つ塗料が存在していたら、戸建て市場よりも公共施設や造船など、長期的にメンテナンス費がかさむ市場に先に広がるはずです。

例えば、東京タワー。戸建てのように足場を建てて2~3週間で終わり!とはいきません。東京タワーを塗り変えるときは、塗料の費用はもちろんのこと、その他にも莫大な費用がかかります。

そのため、生涯の塗り替え回数を減らせるような塗料があるとすれば、公共施設などが真っ先に採用するはずです。

塗り替えに必要なライフサイクルコスト

10年毎に塗り替えていく家Aはその間2回塗り替えをしなければなりません。1回の塗装工事の標準価格を100万円と仮定すると、100万x2=200万。Aの塗り替えによるライフサイクルコストは200万円ということになります。

一方、30年持つ塗料で塗った家Bはライフサイクルコストは0円。これは大きいですね。外壁の塗装がしなくても良いものならありがたいと思います。200万円あれば新車が買えますし旅行にも行けますから。

外壁だけでなく付帯部のメンテナンスも必要

でも、外壁が30年持ったとしても雨樋はどうでしょうか。霧除け庇は?屋根は?外壁だけではなく、家には他にもメンテナンスが必要な部位がたくさんあります。

昨今の住宅の80%がサイディングですが、サイディングの目地シーリング材の耐用年数は長くて15年。もしも30年持つという塗料があればこのシーリング材の2倍も長持ちすることになりますが、残念ながらシーリング材は15年が限界です。

つまり仮に外壁は30年塗り替えしなくて済んだとしても、その間に屋根や雨樋、庇や雨戸、目地シーリングなどのメンテナンスは必要ですから足場を組まなければいけません。

もちろん、外壁塗装をしなくて済むと言う点では工事費は抑えられますが、屋根のリフォームのためだけ、雨樋交換のためだけに足場を組まなければならないというのは若干長期修繕計画としては問題があるのではないかと思います。

マスコミは放っておくはずがない

もしも30年持つセラミック塗料を自社開発したのなら、マスコミが放っておくはずがありません。なのになぜテレビや雑誌などにも一切取り上げられずに、チラシやホームページ、あるいは1軒1軒お客様の家を訪問してプロモーションしていく必要があるのでしょうか。

本来であればこれまでの塗料の寿命をはるかに凌ぐ発明なのに、世に広めていく広まっていく方法という点では、余りにも非効率なやり方だと思います。

一般的な塗り替えサイクルは10年と言われる中、大同防水では15年ごとの塗り替えで済むように提案しています。15年持てばオンの字、もしも20年持てばそれは立地条件や建物構造に恵まれ相性がとても良かったのだと言えます。30年というのは余りも遠く長い時間なのです。

訪問販売に来た業者に「30年持つ塗料です!」と言われた場合

訪問販売の業者がよく使う営業トークでなので、注意してください。

訪問販売の業者から見積もりを取っている場合の注意点などは「訪問販売業者に外壁塗装を勧められている場合」にまとめています。

なぜ、訪問販売の業者は、30年も持つようなすごい塗料を1件1件、地道に玄関のベルを押して回るという行動をとっているのでしょうか?すごく効率が悪いですよね。

見方を変えてみると、コソコソと隠れて悪いことを行っているように見えます。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ