広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

塗装できない屋根

スレート屋根の中には塗装できない屋根があるので、屋根材の目利きとメンテナンス計画が重要になります。

塗装業者ならみんな知っているというわけではないので、不安に思ったら屋根に詳しい塗装業者に見て貰うことをお勧めします。

塗装できない屋根

2000年前後に製造販売されたスレート屋根は塗装できない屋根材である可能性が高いです。この時期はノンアスベスト切り替え時期に当たります。

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。このアスベストは比較的安価で、建材に混ぜると建材の強度が増すことから、いろんな建材にアスベストが含まれておりました。

ところが、労働安全衛生法の改正により、2006(平成18)年9月からアスベストを含む建材(アスベストを0.1重量%を超えて含有するもの)は製造したり使用することが全面的に禁止されたのです。

そこで各メーカーはコスト面、強度面においても、アスベストに代わる物質を探さなければならなくなりました。ひとことで言えば、各メーカーがアスベストの代替品を見つけるまでの時間が足りず間に合わなかった、というのが本音ではないかと考えています。

そのため強度が不足している屋根材が世に出てしまうことになり、自然に割れたり欠けたりする不具合を起こしてしまっているのが実情です。

こうした屋根材は塗装しない方が良い(塗装できないと結論付けた方が良い)のですが、業者の知識不足により塗装してしまったり、葺き替える予算がないことから塗装メンテナンスを選択したことで、のちに屋根材が割れたり欠けたり塗装が剥がれたりするトラブルになることがあるので十分な注意が必要です。

出来れば塗装でメンテナンスをせず、葺き替えるかカバー工法で改修されることをお勧めします。
ここでは代表的な屋根材についてまとめています。

パミール ニチハ 1996~2008年

パミールは1996年から2008年までニチハが製造していた屋根材です。ミルフィーユのように自然に層状に剥離してくる現象が特徴的ですが、その他屋根材を留め付けている釘が錆びることによって釘頭の体積が膨張し、その圧力で脆弱した屋根材を欠損させてしまう現象も見られます。

パミールを固めるように塗装すれば多少は層状剥離を遅延させることが出来るかもしれませんが、屋根材の強度が上がるわけではないので、基本的には無駄な工事になってしまいます。パミールは塗装すべきではない屋根材です。

レサス 松下電工 1999~2006年

レサスは旧松下電工(現ケイミュー)が1999~2006年の間に製造販売していた屋根材です。

レサスのヘキサゴンレサスの見分け方は屋根材が独立しているように見えることと、300㎜間隔で凹みの模様があるのが特徴です。

また、レサスは働きといって上の屋根材で隠れてしまう(重なっている)部分に六角形(ヘキサゴン)のマークがあるので欠損しているとわかりやすいです。

レサスはとにかくひび割れが多く発生しますので、当然屋根の上を歩くと簡単に割れてしまいます。また釘の打ち込みが甘い箇所があるとコーナー部分が斜めに欠損することがあるので、レサスは塗装すべきではない屋根材です。

ザルフ(グラッサ) 旧クボタ 1997~2001年

ザルフ(グラッサ)は見た目がコロニアルNEOとよく似ているので間違えやすいので注意が必要ですが、見分け方は屋根材と屋根材の隙間がコロニアルNEOよりザルフの方が広いということと、先端部分の凹みのコーナーがコロニアルNOEよりも鋭角である点です。

経年で屋根材が欠けたりひび割れたりするだけでなく、パミールのように屋根材がボロボロに破壊されてくることもあるので、ザルフは塗装できない屋根材です。

コロニアルNEO 旧クボタ 2001年~

コロニアルNEOはクボタ(現ケイミュー)の製品で2001年頃から製造販売されており、最も市場に普及しているカラーベストシリーズですが、現在は廃盤となっています。

ぱっと見ザルフ(グラッサ)とよく似ていますが、屋根材と屋根材の隙間が狭いこと、先端の凹部が台形になっているのがコロニアルNEOの特徴です。

コロニアルNEOは経年で全体的に白っぽく変化していることが多い気がします。その他のノンアスベスト屋根材よりは比較的不具合が少ない印象です。

コロニアルNEOは製造年によって品質が異なるようで全く不具合が起こっていないこともあり、一概に塗装できないとは言いにくいところがあります。

ただ、その他のノンアス屋根材と同等に扱うのであれば、塗装しない方が安全かもしれません。

塗装できない屋根の対処方法は?

塗装できない屋根の対策は2パターンあります。
①屋根を葺き替える
②カバー工法で改修する

アスベストが含まれていないので葺き替えも可能です。葺き替えるメリットは、屋根下地の劣化があった場合に併せて補修できるという点です。万全を求められる場合は葺き替えが良いと思います。

次に、カバー工法を選択するメリットは、既存の屋根材の撤去処分費用が削減できる点、で葺き替えと比べて若干コストが安いことと、施工中に雨が降っても雨漏りする心配がないことです。デメリットは屋根下地の劣化状態が確認できないという点です。

屋根下地が劣化している部分は足で踏めばわかる(腐食部はフワフワするから)という方もいますが、私がやってみたところ結果はその方法で探るのは不十分でしたので、足で踏んで下地の劣化を判断する方法はお勧めできません。

それでも塗装した場合のリスク

パミールのやレサスのように層状剥離を起こしていたり、ひび割れが多く見受けられる場合は誰が見ても塗装できないと認識するはずですが、コロニアルNEO等でひび割れもなかった場合、気付かずに塗装してしまったり、わかっていても予算の都合で塗装メンテナンスを選択するケースも少なくないと思います。

問題は将来どうなるか?ですが、絶対に問題が起きるとは言えませんが、おそらく数年後に微細なひび割れが発生するのではないかと予想されます。

つまり、将来割れてしまうということは、ノンアスベストの屋根材に塗装をしても屋根材の強度が増すことにはならないことを意味しているので、あくまで次のメンテナンスまでの一時凌ぎであるという心づもりでいることが重要ではないかと思います。

微細なひび割れが即雨漏りに繋がることはありませんが、塗装して3~5年程度で屋根材が割れるとすれば、それを良しとするか無しなのか、予めよく考えておく必要があります。

繰り返しますが、万全を求めるなら塗装をしない選択をするのがベストだと思います。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ