広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

杉原千畝ハウス修繕プロジェクト ~塗魂ペインターズ 愛のリトアニアボランティア④~

この度の杉原ハウスの修復プロジェクトに賛同して下さった関係者の方々に心からお礼申し上げます。

クラウドファンディングや募金を頂いた方の全員のお名前は、杉原祈念館に記帳され永久に保存されます。

※募金は私たちの旅費などには一切使っておりません。全額祈念館へ寄付させていただきました。

このページは海外塗装ボランティアの活動報告になります。シリーズになっておりますので、ご興味のあられる方のみお読みくだされば幸いです

杉原千畝ハウス修繕プロジェクト

1週間会社を空ける

これまで1週間会社を空けたことは数回ありますが、それは国内での出張でした。しかも仕事なので出張してもお金を頂けましたが、今回は1円にもならないどころか、飛行機代・宿泊代・飲食代などすべて手弁当・・・正直、当初は行くかどうか迷いましたね。

でも行くことに決めた理由は、もう二度とこんな名誉なことはないと思ったからです。

自分の人生の中で、これまで色々なことがありました。そしてこの先も色々なことが待っていると思いますが、その中でも大きな出来事のひとつなのではないかと思ったこと。

でも迷っていました。それもそのはず、行けば数十万の赤字。広島のお客様を放って行くことになる・・・なかなか決断できませんでした。

そんな時、思いもよらない言葉が私の背中を押すことになりました。

参加しようと思った理由

私は広島から参加したたったひとりの人間です。杉原千畝が命のビザを発給したのは第二次世界大戦中です。

当時の日本は日独伊三国同盟を結んでいた立場にもかかわらず、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちを逃がすためにビザを発給し続けた。

政府の方針に背いたわけです。

もしもそのことがバレたら、自分の命はもちろん家族の命も危ぶまれることは容易に想像できたはず。それでも6,000人ものビザを発給した、おそらく千畝は死を覚悟していたのではないかと思うのです。それでも、千畝はこれが自分の使命だと思い行動したのではないかと。

結局、その戦争で5年後、広島は原爆を投下され、日本は敗戦します。

繋がっている

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ