広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

Read Article
top

消費税10%になるのはいつから?消費税8%のままで外壁塗装工事をする期限はいつまで?

消費税が10%になります

平成31年10月1日より消費税が8%から10%に上がります。よって、外壁塗装工事の消費税も10%になり、これまでより2%値上がりする形になります。

消費税が上がる前に外壁塗装をしたいという方が多いと思いますが、実際いくら上がるのか、これまでとの差額を例で見てみましょう。

例)外壁塗装工事の総額が150万円の場合

消費税8%では・・・
1500000x0.08=120000
工事代金150万に対して消費税が12万かかります
合計162万

消費税10%になると・・・
1500000x0.1=150000
工事代金150万に対して消費税が15万かかります
合計165万

差額 3万
 
いかがでしょうか?3万も上がるのか・・・という方、え?そんなもの?と思われる方とがいらっしゃると思いますが、個人的にはあまり変わらないな、という印象です。
0が1個違う住宅では大きな差額になりますが、外壁塗装リフォームの規模ではさほど影響はないのではないかと思います。

しかし、たかが3万、されど3万です。例え3万でも安いときにやりたいという方はどうすればいいのか、ポイントをまとめてみました。

どうすれば消費税8%のままで外壁塗装工事ができるのか

平成31年3月31日までに請負契約を締結すれば引き渡しが平成31年10月1日以降でも消費税8%が適用されます
矢印画像

わかりやすく言うと・・・

消費税8%のままで外壁塗装リフォームを行うには

  • 平成31年9月30日までに工事を完了し引き渡しが済んでいるように計画する
  • 平成31年3月31日までに工事を契約しておく
  • となります。

    ただし増税前は大同防水も駆け込み需要増加で大変混雑することが予想されますので、余裕を持ってご計画、ご相談くださいませ。

    消費税8%のままで外壁塗装リフォームを行うには

  • 平成31年9月30日までに工事を完了し引き渡しが済んでいるように計画する
  • 平成31年3月31日までに工事を契約しておく
  • Return Top