広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

外構ブロック塀(花壇)の塗装がふくれる理由は?

外構ブロック塀(花壇)の塗装

家の外回りの外構はコンクリートやコンクリートブロックなどで塀を作り、防犯対策や車の衝突等の防御、あるいは花壇として使われたりしています。
この部分はタイルが張られていたり、塗装されていたりしますが、塗装仕上げの場合はちょっと厄介なトラブルが多いです。それは塗装のふくれトラブルです。

外構ブロック塀(花壇)の塗装がふくれる理由

外構ブロック塀の塗装のふくれ画像なぜ塗装がふくれたり剥がれたりするか疑問に感じると思います。理由は、塗料に通気性がないからです。
外構ブロックは地面に立っています。基礎部分は地中に埋まっているので、常に地中の水分を吸い上げてしまうのです。

コンクリート素地だったり、ブロックの素地であれば問題はないのですが、塗装で仕上げてあると、地面から吸い上げた湿気が塗膜によって閉じ込められてしまうのです。
閉じ込められた湿気は、外に出よう出ようとしますから、例えば塗装の密着が弱い部分やひび割れ箇所、あるいはコンクリートブロックの気密性が低い部分から外に出ようとするため、そこから塗膜が浮いてしまい、いずれ剥がれてしまうのです。

塗装がはがれないようにする方法

塗装が剥がれないようにする方法はふたつあります。まず第一に、巾木を作ることです。足元を10cm~15cm程度塗装しないようにするのです。こうすれば吸い上げた湿気はこの巾木部分から外に排出されますので、巾木より上部の塗装がはがれにくくなります。

次に、これが一番重要なのですが、通気性の高い塗料を選ぶということです。湿気を吸い上げた(塗料の裏側に湿気が存在した)としても、塗膜に通気性があれば塗膜を透過して外に排出されるのです。

外構ブロック塀に使ってはいけない塗料は、弾性塗料、つまりゴムのように伸びる柔らかい塗料です。弾性塗料は言いかえればゴムです。ゴムは伸びますが空気は通しません。
風船の中に空気を送り込むと風船が膨らむことがそれを示しています。ゴムのように柔らかく伸びる弾性塗料=ふくれやすい ので注意が必要です。

外構ブロック塀の塗装のふくれ・剥がれを直す方法

外構ブロック塀の塗装のふくれ・剥がれを直すには、既存の塗膜を剥がす必要があります。剥がれる・ふくれる=通気性がないので、剥がれた部分だけ補修しても他の部分から剥がれてくるおそれがありますから、基本的には範囲を区切って、既存の塗膜を剥がし、左官補修をした上で周りの模様に合わせ、通気性の高い塗料で塗装し直すことになります。

Return Top