広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

30年持つ自社開発セラミック塗料って本当?

30年持つ自社開発セラミック塗料

30年持つセラミック塗料30年持つ自社開発セラミック塗料を勧められて気になっているという方、本当にそんな塗料があるのかどうか知りたいですよね。我々塗装業者としても知りたいです。

現状で30年耐久を謳っている塗料は一つだけ、1社(T社)だけ存在しています。某大手ハウスメーカーの新築工事の塗装仕様としてT社の塗料が採用されていますが、クローズ工法なので一般には販売されておりません。

一般的に外壁の塗り替えサイクルの目安は10年ごとと言われていますが、その中で30年持つ塗料があるとしたらこれは凄いことです。フッ素なのか無機なのか光触媒なのか、実に興味深いですが、30年持つ塗料を新築時から採用したとすれば読んで字のごとく、外壁については築30年経過するまで塗り替えをしなくて良いということになりますね。

塗り替えに必要なライフサイクルコスト

10年毎に塗り替えていく家Aはその間2回塗り替えをしなければなりません。1回の塗装工事の標準価格を100万円と仮定すると、100万x2=200万。Aの塗り替えによるライフサイクルコストは200万円ということになります。

一方、30年持つ塗料で塗った家Bはライフサイクルコストは0円。これは大きいですね。外壁の塗装がしなくても良いものならありがたいと思います。200万円あれば新車が買えますし旅行にも行けますから。

外壁だけでなく付帯部のメンテナンスも必要

でも、外壁が30年持ったとしても雨樋はどうでしょうか。霧除け庇は?屋根は?外壁だけではなく、家には他にもメンテナンスが必要な部位がたくさんあります。

昨今の住宅の80%がサイディングですが、サイディングの目地シーリング材の耐用年数は長くて15年。もしも30年持つという塗料があればこのシーリング材の2倍も長持ちすることになりますが、残念ながらシーリング材は15年が限界です。

つまり仮に外壁は30年塗り替えしなくて済んだとしても、その間に屋根や雨樋、庇や雨戸、目地シーリングなどのメンテナンスは必要ですから足場を組まなければいけません。

もちろん、外壁塗装をしなくて済むと言う点では工事費は抑えられますが、屋根のリフォームのためだけ、雨樋交換のためだけに足場を組まなければならないというのは若干長期修繕計画としては問題があるのではないかと思います。

マスコミは放っておくはずがない

もしも30年持つセラミック塗料を自社開発したのなら、マスコミが放っておくはずがありません。なのになぜテレビや雑誌などにも一切取り上げられずに、チラシやホームページ、あるいは1軒1軒お客様の家を訪問してプロモーションしていく必要があるのでしょうか。

本来であればこれまでの塗料の寿命をはるかに凌ぐ発明なのに、世に広めていく広まっていく方法という点では、余りにも非効率なやり方だと思います。

一般的な塗り替えサイクルは10年と言われる中、大同防水では15年ごとの塗り替えで済むように提案しています。15年持てばオンの字、もしも20年持てばそれは立地条件や建物構造に恵まれ相性がとても良かったのだと言えます。30年というのは余りも遠く長い時間なのです。

Return Top