広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

Read Article
top

10年後のガイナ ガイナは本当に汚れやすいのか?

10年後のガイナ

このページをご覧の方は次の塗り替え塗料をガイナにしようかとお考え中の方ではないかと思います。そしてズバリ欲しいのはガイナは汚れやすいのか?という情報の真意ではないかと思います。

ここでは実際に戸建て住宅の屋根と外壁にガイナを塗装して10年経過した状態をご覧いただけます。

まず大前提として、

  • ガイナは水性塗料である
  • 塗膜表面のきめが比較的粗い(ツルっではなくザラっとしている)
  •  
    ので、汚れがひっかかりやすいという点はその他の水性塗料と同じ性質です。

    ガイナを塗装して10年後のカラ―ベスト屋根

    カラ―ベスト屋根にガイナを塗って10年後の画像こちらのカラーベスト屋根は大屋根(2階の屋根)にガイナを塗って10年後の状態です。*実際は12年後の画像です

    多少の退色(色が薄くなること)は見受けられましたが、手で触ってみたところチョーキングはしてませんでした。

    棟板金にガイナを塗って10年後の画像続いて、鉄部です。この画像はカラ―ベスト屋根の棟板金にガイナを塗装して10年後の画像ですが、大屋根と下屋周りに約25m程度金属板金がありましたが、錆びていたのは下屋の棟板金のこの1箇所のみでした。

    棟板金は錆び止めを塗った後、通常のシリコンなどを塗った方がよほど劣化していますので、これは非常に優秀だと思います。

    他社施工物件のため、絶縁部材タスペーサーを使用していないことと、棟板金ジョイントにシールが施工していませんでした。

    屋根の判定:3.7/5点(★が多いほど健全・評価が高い)
    汚れ度合い:★★★★☆
    変退色:★★★☆☆
    錆び:★★★★☆

    ガイナを塗装して10年後のサイディング外壁

    ガイナを塗装して10年後の外壁北面の画像続いて、ガイナを塗装して10年後のサイディング外壁を見ていきます。この画像は北面の状態です。北面は日が当たりにくいので、何を塗ってもこけや藻が生えやすいのですが、目立ったこけや藻の繁殖はありませんでした。

    また、汚れているなぁという印象はありませんでした。

    ガイナを塗って10年後の外壁北面1階部分の画像次に、この画像はガイナを塗って10年後の北面1階の画像です。

    一般的に北面の1階は日が当たりにくいだけでなく、隣家との境界で地面が土であったり樹木が植えてあったりと、湿気が溜まりやすい環境にあるのでどんな塗料を塗っても、コケや藻が生えやすい部分です。

    ガイナだから特に、という印象はありませんでした。

    北面の判定:3.7/5点(★が多いほど健全・評価が高い)
    汚れ度合い:★★★★☆
    変退色:★★★★☆
    こけ・藻:★★★☆☆

    ガイナを塗って10年後のベランダ手摺壁

    ガイナを塗って10年後のベランダ手摺壁の画像住宅のこけや藻が生えやすい部分のひとつ、ベランダ手摺壁。ベランダ内は手摺壁が立ち上がっているため、湿気が滞留しやすいのでコケや藻が繁殖しやすい場所です。

    対策として、ベランダ手摺壁に開口を設けることで通気が確保できますが、開口を設けると雨漏り原因になりやすいので、設けない設計もあります。
    これはガイナに限らず、どんな塗料を塗ったとしても同じようにこけや藻が生えてしまいます。

    自宅のベランダの手すり壁に開口部が設けてあるかどうか、またこけや藻が繁殖していないかどうか確かめてみて下さい。

    ベランダ手摺壁面の判定:3.3/5点(★が多いほど健全・評価が高い)
    汚れ度合い:★★★★☆
    変退色:★★★★☆
    こけ・藻:★★☆☆☆

    これらの部位には防かび・防藻剤をガイナに添加することで抑制できます。

    ガイナは割れやすい?ガイナとシーリング

    シーリングの上のガイナが割れている画像汚れのほかにガイナは割れやすいという噂がありますが、一般部分が割れることはまずありませんが、シーリング面など、下地が動く箇所はガイナ塗膜が割れてしまいます。

    シーリング部分を見ると表面のガイナ塗膜が割れていますが、シーリング部分の塗膜が割れるのは仕方がありません。

    これはガイナに限ったことではなく、どんな塗料を塗っても目地シーリング部分は大なり小なり割れてしまいます。

    ただ、シーリングが破断していなければ、表面の塗膜にひび割れが入るのは機能上問題はありませんが、割れにくくする対策はありますが企業秘密なのでここでは割愛します。

    シーリング部分の判定:2/5点(★が多いほど健全・評価が高い)
    塗膜の割れ:★★☆☆☆

    ガイナの10年後まとめ

    いかがでしょうか?ガイナの10年後の状態は言われるほど汚れていないことがわかりました。もちろん、立地条件によって多少の差異があるでしょうが、弊社の評価としては、一般的なシリコンより汚れにくく、防さび効果があり、チョーキングしにくいと思います。

    汚れやすいなんて聞くと、真っ黒になるんじゃないかと想像しがちですが、決してそんなことはありません。

    10年後のガイナの状態から言えること
    低汚染性は一般シリコンよりも少し上
    防さび性能が比較的高い
    防かび(こけ・藻)性能はシリコンと同等レベル
    シーリング部分の塗膜は割れやすいので対策が必要

    Return Top