広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

外壁塗装工事で隣の土地に足場を組ませて貰えない

外壁塗装工事で隣の土地に足場を組ませて貰えない

土地境界のトラブル画像狭い国日本、隣の土地に足場を組ませてもらわないと修繕できないような建物も少なくはありません。お隣との境界が狭かったり、あるいはお隣がコインパーキングだったりすると、工事よりも頭を悩ませる問題です。

弊社でも、外壁塗装工事のために隣の土地を貸してもらえるようお願いしたら断られて工事ができなかったというお客様が数人いらっしゃいましたが、すべて大同防水で交渉し、工事実施済みです。

でもこれってお隣さんに断られたら、本当に工事出来ないのでしょうか?

民法第209条 隣地の使用請求

民法第209条(隣地の使用請求)では、土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。前項の場合において、隣人が損害を受けたときは、その償金を請求することができる。となっています。

つまり、工事のためにお隣さんの土地を一時的に貸して貰わなければ工事できないような場合、お隣さんは拒否できない、貸さなければならないことになっています。逆に、お隣さんは工事によって損害を被った場合は賠償請求できることになっています。

例えば、お隣さんがダメだ、貸さんぞ!と拒否した場合は、調停もしくは裁判で判決を求めることができますが、もしそれで裁判で勝ったとしても、しこりが残ってしまいますので以降の近所付き合いは最悪のものになるでしょう。できれば避けたいものです。

大切なのは近所付き合い

法で定められているからと言って、裁判で争うことが得策ではありません。お互い様なのですから、譲り合う精神で穏便に解決されることをお勧めします。
広島市でこのような条件で悩まれているお客様はお気軽にお問い合わせください。

Return Top