広島の屋根・外壁塗装なら
大同防水工業にお任せください!!

見積・相談無料 電話受付 9:00~19:00
082-228-5039

各社で足場面積(数量)や足場代が異なる理由

代表:品川真一

「相見積もりを取った各社で、足場の面積(数量)がそれぞれ違う」もしくは「足場代がそれぞれ違う」という相談がよくあります。

このページでは、足場の面積や足場代が各社で異なる理由を説明していきます。

他社と足場面積(数量)が違う理由

「相見積もりを取ると、3社とも足場の面積が違う…」このようなことは良くあります。各社の足場面積が異なる理由は、面積(数量)の算出方法が、それぞれ違うことがあるからです

例えば、足場1式でいくらとアバウトで見積る業者もいれば、ハウスメーカー様などは外壁の面積と同じ数量を入れていることもあります。

以下の画像をご覧ください。

赤枠で囲った範囲が外壁で、青枠が開口部です。開口部とは窓など塗装しない部分です。外壁の面積は、外壁の面積(A)-開口部の面積(B)=塗装する面積(外壁の面積)となります。

たとえば赤枠が50m2青枠が10m2だとすると、50-10=40m2が北面の塗装面積です。

続いて以下の画像をご覧ください。

オレンジ枠で囲った範囲が足場の面積(仮設範囲)です。明らかに外壁の面積よりも広いですよね。通常は壁から15~20cm程離して60cm幅の足場を組みます。また塗料の飛散防止と作業員の転落防止などの目的で屋根より1m程度足場を高く上げます。

このように、実際に足場を組む範囲のことを架けm2(かけへいべい)と言い、これが正しい足場面積の算出(積算)方法です。

足場の面積は正確に算出する業者の方が安心です

各社の見積書で足場代が違う理由

「数社から見積もりを取ってみると、各社で足場代が全然違う…。一体何を信じていいのかわからない。」というような相談もよくあります。

ひとくちに足場と言っても、足場の種類や関係法令があるのをご存知でしょうか?足場の種類が違えば施工単価も違いますから、足場代に差が出るのは当然と言えば当然です。

足場は、職人が安全に作業できるよう、また細かいところまでしっかりと施工できるよう組むものです。いくら工事が終わったら無くなるものであっても、コストを削ると品質に比例してしまうので本末転倒になります。

それでは、足場の種類と単価を説明していきます。

ビティ足場(枠組み足場)m2あたり1,200円~

ビケ足場(くさび緊結式足場『くさびきんけつしきあしば』)m2あたり800円~

単管足場 m2当たり600円~

足場に関する法律「労働安全衛生規則」

まとめ

相見積もりを取ると、各社足場の面積(数量)や足場代が違うことは良くあります。この理由は、面積の算出方法が、それぞれ違うことがあるからです。

足場の面積や外壁の面積が他社と大きく違うところは、工事の品質も低い可能性があります。

足場代が違うのは、ひとくちに足場と言っても足場の種類が複数あるからです。戸建て住宅の場合は、一般的にビケ足場が使われ800円~/m2です。

注意が必要なのは、足場代を600円m2くらいで記載してある場合です。この場合、単管足場が使われる可能性があり、「労働安全衛生規則」の規定に違反する可能性があります。

最新情報

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.8%!
お客様の声

お役立ちコンテンツ

サービス

  • 大同防水工業について
  • ブログ

    ▼

    お問い合せはこちら

    お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
           
    見積・相談無料電話受付 9:00~19:00 土日も対応中
    メールでは365日24時間受付中です!
    お問い合せ