広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

Read Article
top

塗装業者に提案された塗料をネットで検索してみると良くないことが書いてありました。

塗装業者に提案された塗料をネットで検索してみると良くないことが書いてありました。

Q.塗装業者に提案された塗料をネットで検索してみるとデメリットが書いてあり、何を信用すれば良いかわからなくなってしまいました。どうすればよいでしょうか?

はい、よくあることだと思います。わからなくなったら恋愛に例えてみる、これが大同防水がおすすめする方法です。

一体何を言ってるの?と思われたでしょうか?(笑)そう思われた方こそ、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

業者選びを恋愛に例えてみる

まず、お客様は3社から相見積もりを取られているとします。これを恋愛に例えると、3人の男性から告白されている状態です。お客様はこの中から誰か一人を選ぶわけですよね。

なのに、お客様が選ぼうとしている男性が言ったことを信用できずに、会ったこともないどこの誰かもわからない他の男性の言葉に耳を傾ける・・・?
何かおかしいですよね。

これが冒頭に書いた、塗装業者に提案された塗料をネットで検索してみるとデメリットが書いてあり、何を信用すれば良いかわからなくなってしまいました。
にあたるわけです。

よく考えてみてほしいのです。世の中に男性はその3人しかいなかったのでしょうか?
そうではないはずです。*100人位の中から、まずお客様の感性で3人に絞られたはずです。その感性を信じて、3人の中から1人を選んで、その男性に期待してみるべきではないでしょうか?*県内100社塗装業者がいるとして

失恋もちろん、ハッピーエンドになるとは限りません。

付き合ってみたら、酒癖が悪かったとか、女癖が悪かったとか、暴力をふるうとか、ギャンブラーだったとか、借金を抱えていたとか・・・そんな男かもしれません(笑) 

でも、付き合ってみないとわからないことですよね。

何も一人に絞ってその男性と交際することになったからと言って、その男性を100%信用する必要はないと思います。信用ではなく期待すればいいんです。

自分が選んだ相手なのだから、とことん相手に期待する、これはありではないでしょうか。いろんなことを体験しながら、信用が深まっていくものですから。信用は最初から存在するものではありません。
※これは塗装業者を選ぶときに恋愛に例えればわかりやすいという例え話です

>>広島県内で塗装業者を探すポイントは?

ネットは百科事典ではない

百科事典の画像ネットは百科事典ではありません。嘘や間違った情報もたくさん溢れかえっています。

国語辞典や百科事典に間違った情報が載っていたら大変ですよね?でもネット上には当たり前のように間違った情報や嘘がたくさん載っています。

これらの情報を鵜呑みにしてはいけません。と言っても弊社もそのネットの中に存在しているわけで、その違いはわからないかもしれません。わかる必要はないのです。なぜならお客様は素人なのですから。

医者があなたはこの薬を飲みなさいと言ってるのに、後でネットで調べて、その医者が処方した薬を飲まない、なんてことしますか?しないと思うんですよ。

じゃあどうして塗装工事はそうなるのか?
塗装工事は製品ではないからです。見て触って試すことができる、テレビや洗濯機や冷蔵庫のような製品ではないからですね。

ではどうすればいいのか?

その、提案を受けた塗料の5年後、10年後を見てみるのはどうですか?本当にネットに書いてあるようなことになるのかどうか、過去の実績を見ればわかりますよね。

他を悪く言う必要がある人の人格とその理由

あの塗料は汚れる・・・

あの塗料は割れる・・・

あの塗料を塗ると次は上から塗れなくなる・・・

こんな情報がネット上にあったとして、問題は誰がそんなことを言っているのかです。これ、塗装業者だったら大問題ですよ。メーカーだったらもっと問題です。

まず、まともな業者で経営者が多くの人に支持されるような人格者だったら、わざわざ他を悪く言うようなことはしません。私が出会ってきた人格者達はみんなそうです。

ではどうしてそんなことをするのでしょうか?

その理由は、
その塗料を扱えないからです。

その塗料を提案してくる業者に商談で負け続けるからです。  

TOYOTAが日産の悪口を言いますか?マツダがHONDAの悪口を言いますか?言ってませんよね。なぜなら言う必要がないからです。

TOYOTAも良いし日産も良いし、マツダも良いしホンダも良い。
※スズキやスバルが入ってないじゃないかとか突っ込みはやめてください(笑)きりがないので

どの塗料が一番良いのか?どの塗料が長持ちするのか?どの塗料が一番汚れないのか?お客様はご自身で塗料を選ぼうとしてるのではありませんかね?それが間違いなのです

どの塗料が一番良いか?は、どの塗料がお客様の家に一番相性が良いか?です。
インターネットで検索して、施工業者も、自宅に塗ってもらう塗料も、お客様ご自身で決めるのですか?

これが大きな間違いなのです。

家を長持ちさせるために塗装するのですから、どんな塗料を塗れば良いかは、自分で決めることではないです。
その道のプロ、いわば建物の医者に決めて貰う必要があるのです。

ではすべての塗装業者が建物の医者と言えるかといえば、言えません。医者はヒトの身体に詳しいし病気にも詳しいですよね。

建物の医者もそうでなければなりませんから、建物に詳しいとは構造に詳しく、病気に詳しいとは、雨漏りや各種劣化の原因に詳しくなければなりません。

それは一級建築士か一級建築施工管理技士などになります。

とりあえず塗装業者と交際を始める

もしも3人の男性の中から1人の男性に絞ったのであれば、その男性に期待をして付き合ってみるべきです。

交際をスタートしないで、その男性の言ったことに疑念を抱いてしまい、会ったこともない男性の言うことを信用するなら、誰とも交際するべきではありません。
つまり、腑に落ちる業者が現れるまで契約してはいけません。

一度、この人(業者)だと決めたのなら、交際をスタートさせましょう。付き合ってみて、思っていた人(業者)と違ったときは、それはその業者を選んだご自身の責任ですから仕方がありません。

ともかく、ネット上の情報を鵜呑みにすることだけは辞めましょう。
どうせ信じるのであれば、それはご自身の感性で選んで、会って、目を見て話してくれた相手を信じましょう。

業者の提案がわからなくなったときは・・・
その塗料についてのインターネット上の情報を鵜呑みにしない
その塗料の5年後10年後の実績を見せてもらう
自分で塗料を選ばない
一級建築士や一級建築施工管理技士に提案してもらう

Return Top