広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

訪問販売員に外壁塗装を勧められていますが、本当に今塗装しないといけないの?

訪問販売員に外壁塗装を勧められていますが、本当に今塗装しなければならないの?

Q.訪問販売員に外壁塗装を勧められていますが、本当に今塗装しないといけないのか分からず悩んでいます

訪問販売業者がやってきて突然外壁塗装を勧められる、よくある話です。まず、訪問販売業者が訪ねて来ることで言えることは、

  • 近所に塗り替え中の現場がある
  • 団地が塗り替え適齢期を迎えている
  • 本当に塗り替え時である ※ただし少し早めの段階で勧めてくる
  • ということです。

    また、あなたのお家は次のどれかに当てはまるはずです。

  • 外壁が色あせて見える
  • 外壁の一部が著しく汚れている
  • 目地シーリング(コーキング)が切れている・ひび割れている
  • 付帯部(樋・胴差・化粧モールなど)が色あせている
  • 屋根にこけが生えている
  • 屋根が色あせている
  • 訪問販売員はあなたのお家をこのどれかで判断して、営業をかけてきています。

    国民生活センターには毎年5~6千件ものリフォームトラブル相談が寄せられており、そのほとんどが訪問販売業者が相手ですが、彼らにもありがたいところがあります。それは、そろそろ塗り替え時期ですよと教えてくれるところです。

    弊社のような外壁塗装専門店は訪問販売まではやっていないところが多いので、考え方によっては無料で適齢期を教えてくれるありがたい存在といえるかもしれません。

    訪問販売業者には仕事は頼まないにしても、彼らが訪ねてくることで塗り替えを考えるきっかけにされるとよいと思います。

    訪問販売業者(員)が訪ねて来たら塗り替えを考えるきかっけ

    塗り替えを考える最初のステップとして訪問販売業者が訪ねてくることをきっかけにしたとしても、重要なことがあります。

    ひとつの業者の言うことをむやみに信用しないことです。たとえば、

  • シーリングが切れているので早くしないと大変なことになりますよ
  • このまま放置すると雨漏りしますよ
  • このまま放置すると塗装できなくなって張りかえることになりますよ
  • 不安をあおる脅しトークです。こんなことを聞かされると不安になってついつい見積もりを頼んでしまって、あれよあれよという間に契約まで持っていかれてしまうこともありますので慎重に。

    雨漏りしていることがわかる赤外線画像このような脅しトークが本当かどうかは赤外線カメラで撮影すればわかります。

    白枠1付近は白っぽい色になっていますがこれは周りより温度が高いことを示しており、白枠2は青色っぽい色になっていますがこれは周りより温度が低いことを示しています。

    白枠1は縦目地シーリング(赤色部分)が切れていることにより外壁材の裏側に空気が入って温まっているから温度が高くなっているのです。

    逆に白枠2の周辺が青いのは、横目地シーリング(青色部分)が切れていることにより、雨水が壁内部に浸入しているから温度が低くなっています。

    実際に2の部屋には雨漏りしているそうで、お施主様は何も言ってないのに指摘されたことにびっくりされていました。

    このように、赤外線サーモグラフィーを活用すれば正しい診断ができるわけです。でも99%の業者が活用してません。

    もしも1社から言われた脅しトークを鵜呑みにしていたら、問題がない部分も工事することになったり、あるいは問題がある部分を見逃したりで、お金が無駄になってしまうかもしれません。。

    だから、提案の仕方や見方が違う業者がいるから複数社から相見積もりを取るべきなのです。

    今やる必要があるかどうかを判断するためには?

    本当にいま塗り替える必要があるのかどうかを判断するには複数業者から意見を聞くというのが一番よいです。つまり相見積(あいみつもり)を取るということです。

    2~3社(複数社)から塗り替え・リフォームの見積もりを提出してもらうことを相見積もりと言います。

    相見積もりの目的は今すぐ塗り替えをすることではなく本当に今必要なのかどうかを知るためですので、見積もりを取ったからと言って必ずしもどこかと契約しなければならないというような規定はありません。

    ご心配なら、電話先で『すぐやらないかもしれませんがそれでも見積もりしてもらえますか?』と聞かれるとよいと思います。

    相見積もりで比較すべきポイントは?

    相見積もりで比較すべきポイントはずばり、値段
    ・・・ではありません。もちろん安いにこしたことはありませんが、外壁塗装工事は製品ではありませんので、この時点での価格は比較できるものではないのです。

    たとえば足場にしても種類によって価格が違ってきますし、下地処理の有無や程度、あるいは塗装回数によっても価格は変わってきます。

    また極端に価格が安いところはアフターサービスに疑問が残ります。やり逃げといったように、工事だけ取りたくて安くしているのかもしれませんし、安い=粗利が少ないわけですから必然的に会社の存続が危ぶまれますので、最初から永続経営する気がないのかもしれません。

    外壁塗装の相見積もりで比較すべきポイント

  • 価格バランス
    ・・・単に価格ではなく工事内容とのバランスが大事
  • 適正時期なのかどうか
    ・・・今本当にメンテナンスが必要な部分はどこかを知る
  • 正確な診断がされているかどうか
    ・・・A社が指摘した部分をB社C社は指摘しなかったなど
  • Return Top