広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

ガイナの評判とクレーム

ガイナのクレームが多いわけ

ガイナ材料缶の画像ガイナクレームが多い理由、それは第一にガイナが有名だからです。遮熱・断熱性能を有する省エネ塗料の中では4年連続トップシェアを誇り、また度々メディアに取り上げられるなど一般の人でもガイナの名前を知っている・聞いたことがあるという人がほとんどでその知名度は他の省エネ塗料を圧倒しています。

こうなると他のベンチャー塗料メーカーは面白くありませんよね。すると自社塗料を販促していくうえでガイナの弱点やトラブル事例を収集し、さもすべての現場でクレームが出ているかのように訴えかけるセールスを展開してしまうわけです。でもそもそも、そんなに悪い塗料だったら4年もトップシェアに君臨できるはずがないと思いませんか?

ガイナのクレームとカラーバリエーション

ガイナのクレームとして最も多いのが仕上がりのイメージです。特に色が思ったより薄いというクレームが圧倒的に多いようです。ガイナは特殊な機能を持つ断熱塗料であるために濃い色は作れません。いや正しくは作れるのですがガイナの性能が落ちるので作らないのです。

たとえば、黒い紙に太陽光を通した虫眼鏡をあてるとどうなりますか?煙が出始め、燃えますよね。黒いボディーカラーの車と白いボディーカラーの車とではどちらが夏場は車内が熱いでしょうか?

要は、黒色は遮熱性・断熱性において不利だということです。つまり色は濃いければ濃いほど不利になりますから、濃い色は作らないわけです。

また色は狭い面積で見るより広い面積で見たほうが明るく(薄く)見えます。ただでさえ濃い色がなく、一番濃い色でもN-50(グレー)なので、じゃあN-50で、と一番濃い色で指定したのに実際には薄く見えてしまい、頼んだ色と違うといったような錯覚になるのです。これがクレームになる理由です。

ガイナのクレームと職人の気質

職人は自分の塗りやすい塗料を好み、塗りにくい塗料は使いたがらない傾向にあります。ガイナははっきりいって塗りにくい塗料です。初めて塗る職人にとっては「こんなもの塗れない」という印象を持つでしょう。しかし、それもコツと知識によってクリアできる簡単なことなのです。

ガイナに含まれるセラミックビーズは水より比重が軽いため、ペール缶の中で表層に浮遊しています。開封後は撹拌機で90秒以上混ぜてから使わないと均一になりません。
また、休憩時間の後なども同じで、混ぜなおす必要があるので面倒くさいと言えば面倒くさいのです。

すべての職人がそうではありませんが、探究心が強い職人はどうしたらうまく綺麗に、性能が発揮されるように塗れるかを研究し、挑戦します。が、そういう職人が世の中には少ないということなのです。

ガイナのコツを知らない職人が塗ると、表面がガチャガチャに仕上がってしまいます。誰が見ても汚いという印象を受けるでしょう。すると職人は自分の腕のせいではなく、塗りにくいガイナが悪いと思うのです。

また表面をガチャガチャに仕上げてしまうと塗膜表面に凹凸ができますから当然ながら埃が引っ掛かりやすくなり、汚れやすくなってしまいます。こうしてガイナは汚れやすいというようなクレームのストーリーが出来上がってしまうのです。

ガイナの断熱効果が感じられない

熱エネルギーの損失画像ガイナは“塗るだけで夏は涼しく冬暖かい”というキャッチフレーズが売りですが、そんなに甘いものではありません。住宅の熱エネルギーはこのように開口部(サッシ)から最も損失します。ガラスがシングルガラスの家をペアガラスの家とでは熱損失が異なるので結果が大きく異なるわけです。

つまりシングルガラスの家の壁や屋根にガイナを塗ったところで効果はたかが知れていると言えます。もしガイナの性能を発揮するなら併せて窓のリフォームを行わなければなりません。

シングルガラスの家の断熱性を上げるためには室内にガイナを塗ることをお勧めします。ガイナは表面に触れた空気の温度に変化する特性がありますのでエアコンが効きやすくなります。

ガイナのクレームのまとめ

世の中には簡単なものしか作りたがらない職人と難しいものを作り上げることが喜びな職人とが存在します。ガイナは後者の職人でなければ扱えない代物かもしれません。そのために日進産業は提携施工店制度を敷いているのです。

正しい施工の知識と技術を有した職人で施工することこそ、ガイナの特性を最大限活かすことができるのです。

牛田を守る。東区を守る。広島を守る。バナー画像
大同防水の問い合わせ先イラスト画像

Return Top