広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

外壁塗装とシーリング材について

ここからは塗装工事の品質にこだわるという方のためのプロのうんちくです。外壁塗装にこだわりたいという方だけお読みください。

外壁塗装とシーリング材

サイディング目地シーリング材シーリングとかコーキングとか聞いたことがあると思いますが、現在ではシーリングと呼ぶのが正しい呼称です。
このシーリング材の役割は建物の防水性や気密性を保つために隙間や目地などに詰めるいわばゴムパッキンのようなものです。

正確には現場で充填して固めるものを不定形シーリング材といいます。どんな形にも定まっていないから不定形というわけですね。

防水テープ 定型シーリング材の画像これに対して定型シーリング材というものがありますが、これはわかりやすく言えばゴムテープです。主にサイディングの下層で窓周りや開口部などに使ってあります。

外壁の塗り替え工事ではほとんど、不定形シーリング材を使います。

ただし、部位によって使っていいものと使ってはいけないものがあるので要注意です。

次世代型高耐久・高耐候シーリング材オートンイクシード#15について

次世代型高耐久・高耐候シーリング材の画像従来のシーリング材の耐用年数は5~6年と言われていましたが、昨今では次世代型高耐久シーリング材が開発され、特に新築住宅への採用が始まっており、外壁塗り替え工事においてもニーズが高まって来ております。

俗にこれらのシーリング材は従来のシーリング材よりも長持ち、15年持つといわれております。オートンイクシードの耐久性耐候性グラフ画像

でもこれを鵜呑みにするのはどうかと思います。5年しか持たないといわれていたものが倍の10年ならまだしも一気に3倍の15年なんてありえるのだろうか?素人目線での素朴な疑問です。

シーリング材の劣化は何も紫外線をどれだけ浴び続けられるかという点だけではありません。構造体の動きに対して伸縮し追従し、破断したり剥離しないことが最も重要です。
表面から劣化が進んでくるものですから、表面が割れて見えても、破断や剥離していなければまだシーリング性能は発揮していることになります。

山根マンション改修工事 004私はこう考えています。シーリングを必要とするサイディング壁の新築住宅において、サイディング切断面と切断面の隙間(目地)にゴミ等が付着していない綺麗な被着面に対して高耐久シーリング材を使った場合は確かに15年もつのかもしれません。

IMG_6055しかし改修工事においては既存のシーリング材を撤去して、新たに充填し直すものですから、左の画像のようにどうしても被着面には古いシーリング材のカスが残ってしまう、その上にプライマーを塗布して高耐久シーリング材を充填すると、新築時の状態より密着性が落ちるはずだと。

つまりメーカーの実験で15年というものは新築に使った場合の話しで、改修の場合はそれよりも大幅に低く見積もっておくのが正しいと考えます。

ではどのくらいと思えば良いかですが、実際に施工した物件がまだ15年経過していないので一概には言えませんし、そもそも言える人はいないはずです。私の見立てでは10年~12年持てば御の字ではないかと考えています。

結論としては、従来のシーリング材より長持ちすることは間違いないですが主に壁が伸縮するサイディング外壁の建物には、高耐久シーリング材を使う方が良いですが、過剰な期待は禁物ということです。

目地シーリングの寿命を延ばす方法

外壁塗装で塗料の耐久性は良いとしても、目地シーリングが破断したのでは本末転倒・・・シーリング材の耐久性も含めて長持ちさせたいなら答えはひとつ、シーリング材の上から塗装をしてシーリング材を紫外線から守ることです。

もちろんすべてというわけではありません。クリア塗装や塗料によってはシーリングを露出させた方がいい場合もあると思いますが考え方は業者によって異なるでしょう。
私の長年の経験でいえば、シーリングは露出させずに上から塗装した方が長持ちしているということです。

シーリングの劣化南北面の比較画像例えば、陽が当たる南面の目地シーリングが早く傷んでいませんか?玄関ドア周りや陽が当らない北面部分と比較してみて下さい。(※画像をクリックすると拡大されます)劣化の度合いが違うはずです。これはなぜでしょうか?

陽が当たる部分=紫外線をたくさん浴びる部分ということで、紫外線をたくさん浴びればシーリングは早く劣化するということの答えですね。ですから、シーリングの上から塗装をかけてやる方が長持ちするのです。もちろん、柔らかいシーリングの上に硬い塗料を塗れば塗膜表面は割れてしまいますし、相性が大切なのは言うまでもありません。

外壁に使ってはいけないシーリング材

シリコンシーラントの画像まずよくある外壁に絶対使ってはいけないシーリング材がこれ。シリコン系シーリング材です。ホームセンターなどで一番安く購入できるので、設備業者さんやガラスサッシ屋さんなどがあと先のことを考えずに使ってくれるからやっかいなのです。

このシリコン系シーリング材は熱や水に強い特性があり、主にガラス周りやキッチン、浴槽周りなどに使うもので、建物の外壁には絶対に使ってはいけません。なぜなら、塗料を弾くので色が付きません。そしてもうひとつ、このシリコン系シーリング材は経年後、外壁を黒く汚してしまいます。

シリコンの成分に含まれるオイルや可塑剤(かそざい)が溶け出し、静電気を帯びて空気中の汚れをくっつけてしまうのです・・・外装には使ってはいけないシーリング材です。

※シリコンがよく使ってある部位・・・波板テラス取り合い、換気ガラリ周り、BSアンテナ基礎、その他お施主様のDIYによるひび割れ補修

塗装するときにはこれらのシリコンはすべて撤去しなければなりませんのでDIYでも絶対に使用しないでください

正しいシーリング材の選定と使用部位

・サイディング住宅の場合・・・サッシ周りはウレタン系や変成シリコン系(上から塗装するならノンブリードタイプ)
・モルタルのV目地・・・アクリル系(ノンブリードタイプ白)
・ガラス周り・・・シリコン系(サッシの色に併せて/黒・ダークブラウン・ブロンズ・グレー・クリアー)
・ポリカーボネートの隙間・・・シリコン系(黒かクリアー)
・波板と竪樋の隙間・・・シリコン系(クリアー)

Return Top