広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

失敗しない塗装工事11 間違った高圧洗浄

正しい高圧洗浄とは?

外壁塗装や屋根塗装で足場を組んだ後で最初の作業工程が高圧洗浄・・・
ちょっと待った!

サイディング目地シーリングのひび割れ画像シーリングが劣化しているから、塗装工事前に併せて打ち替えるのでは?シーリングがひび割れたり、切れている状態で圧力をかけて水をかけたらどうなりますか?

はい、わざわざ壁の中に水を浸入させるようなものですね。ですから、足場組み立ての次にやるべき工程は高圧洗浄ではなく、シーリングの打ち替えだと大同防水は考えます。
まず、劣化したシーリング材を新しく打ち替えて、シーリング材が硬化するのを待ちます。シーリング材が硬化したら、高圧洗浄を行います。
シーリング打ち替え完了画像
10年も経てば建物はあちこち劣化してきて雨水が浸入しやすい状態になってしまいます。だから、リフォームして新築の状態に戻すわけですよね。
できるだけ水が浸入しにくい状態にしておいてから高圧洗浄するというのが大同防水のこだわりです。

Return Top