広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

モニエル瓦の雨漏り修理事例

大同防水工業株式会社は国内最大の雨漏り解決団体雨もり119を運営する本部です。全国各地の雨もり119の活動で得た最新の雨漏り情報を広島のお客様の家を守るために活かし、雨に強い塗装リフォームをご提供します。

モニエル瓦の雨漏り修理事例

雨漏りによる軒天ケイカル板の腐食画像モニエル瓦雨漏り修理事例をご紹介します。

こちらの住宅は画像のように軒天のケイカル板が腐っており、屋根から雨漏りしていることが懸念されました。

外壁塗装のご依頼だったのですが、軒天を張り替えて塗装したところで、屋根の雨漏りを直さないとまた同じことを繰り返してしまいます。

そこで屋根に上がって状態を確認してみました。

モニエル瓦が割れていたり、ずれていたりしているのならば原因が明らかなのですが、ご覧の通り、見た限りではどこにも異常箇所は見当たりませんでした。

では原因はどこにあるのでしょうか?

モニエル瓦の弱点と雨漏り原因

雨漏り原因はけらばです。屋根の弱点は端っこです。一般部分から雨漏りすることはほとんどありません。瓦谷やけらば瓦が雨水の浸入口となることが多いです。

野地板の腐食画像モニエル瓦を撤去してみると、やはり野地板(のじいた)が腐食していましたので、ここが雨漏り原因とみて間違いありません。

屋根の端の部分はけらば瓦を葺いて納めますが、このけらば瓦と一般部の瓦との隙間から雨水が浸入することがあります。

けらばの野地板補修画像そしてけらば部分は二次防水材であるゴムアスルーフィングにとっても端部になるので、けらば瓦と一般部の瓦との隙間から浸入した雨水がゴムアスルーフィングの端部から裏側に浸入してしまい、経年で野地板が腐ってしまった、さらに軒天ケイカル板に流下し、腐らせたというメカニズムです。

けらば補強捨て水切り板金画像けらば部分はどんな屋根でも弱点となります。カラーベスト屋根の場合はけらば唐草という板金を取り付けますが、モニエル屋根には取り付けられていません。

そこでければから雨水が浸入したとしても、瓦の裏で受け止めて雨樋まで誘導し排出させられるよう、捨て板金を新設しました。

こうすれば二段構えとなり、雨漏りする可能性はグンと低くなります。このように水みちを詠み対策を講じることを雨仕舞い(あめじまい)と言い、雨露をしのぐという家本来の性能を活かすことが重要です。

モニエル瓦の遮熱塗装

そしてリフォーム時にも、現状の弱点を見極め補強できるのも、雨もり119本部としての活動があるからこそ実現できる、大同防水ならではの強みです。

モニエル瓦を戻して、モニエル瓦専用塗料マイティシリコンクール君で塗装し、タフグロスコートでコーティングしました。

タフグロスコートを塗ると耐用年数が5年延びますので15年は大丈夫です。
マイティシリコンクール君+タフグロスコート仕上がり画像

Return Top