広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

屋上ハッチ・点検口(マンホール)の交換修理

屋上ハッチ・点検口(マンホール)の画像屋上ハッチ・点検口(マンホール)は、ほとんどがスチール製で塗装が施してありますが、経年劣化でサビが出たり、腐食して穴が空いてきます。

屋上ハッチ・点検口(マンホール)はそれ自体で雨水の浸入を防いでいるので、穴が空くと雨漏りしてしまいますので、定期的な塗装メンテナンスが大切です。

でも、屋上にあるものなので、なかなか定期的にメンテナンスを施すのは難しいですよね。そこまで気にしていないという方が多いのではないでしょうか?

しかし、その結果として穴が空いてしまったり、4~5年ごとに塗装するのも面倒くさい、ということなどから、新しいものに交換したいと思われる方もいらっしゃると思います。

その場合は、ステンレス製の屋上ハッチ・点検口(マンホール)に取り換えられることをお勧めします。

屋上ハッチ・点検口(マンホール) の交換工事

既存の 屋上ハッチ・点検口(マンホール) はメンテナンス不足によりサビが著しく、部分的に腐食して穴が空いています。

また、風が強い日は蓋を開けるときに風圧で蓋が持っていかれて、危険な思いをされることもあると思います。

そこで、今回はステンレス製のダンパー付き 屋上ハッチ・点検口(マンホール) に交換しました。

これでメンテナンスフリーになりますし、強風で蓋があおられて持っていかれることも、蓋が勢いよく閉まって危ない思いをすることもありません。


ステンレス製屋上ハッチ・点検口(マンホール)工事

約28万円(材工、荷揚げ費含む)。スチール製はステンレス製の約半額であるが、塗装費用(約25,000)は別途。またスチール製の場合は4~5年ごとに塗装メンテナンスが必要になるが、ステンレス製はメンテナンスフリー。

シナペディア

Return Top