広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

Read Article
top

塗料が散らないか心配。もしも散った場合の責任は?

塗料が散らないか心配。もしも散った場合の責任は?

Q.塗装工事で車に塗料が散らないか心配です。また散った場合の責任はどうなりますか?

外壁塗装工事で塗料が飛散するリスクは0ではありません。むしろ、塗装作業中に塗料は必ず飛散します。これを前提に施工計画を立てることが重要になります。

広島市安佐南区山本新町F様邸ガイナ塗装実績画像まず足場にはメッシュシートを張り足場全体を覆い隠しますが、このメッシュシートが塗料の飛散防止の役割を担っています。

ですから、シートは出来るだけ隙間がないようにピンと張らなければなりませんし、シートに穴が空いていたりするとそこから塗料が飛散してしまうので注意が必要です。

次に、メッシュシートだけではやはりシートの端部や最上部の開口部などから飛散してしまう恐れがありますので、車にも養生シートを被せます。

車養生シートの画像
不敷布車養生カバー

この車養生シートにも注意点があります。シートにはビニル製のものと不敷布製のものとがあり、ボディに傷が付かないように不敷布製のものを使います。

ビニル製の車養生シートは静電気でほこりが付着することがあり、ほこりが付着した車養生シートを被せてしまうとボディに傷がつくことがありますので注意が必要です。

塗料の飛散防止、傷防止の観点から言えば、まず不敷布を被せて、その上からビニル製の車養生シートを被せるのが完璧です。

不敷布製のシートは風を通しますので飛んで行きませんが、ビニル製のシートは風を受けて膨らんでしまし時には飛んで行ってしまうことがあるので注意が必要です。

そして何より大切なことは、勝手にシートを被せないことです。近隣の駐車車両にシートを被せるならば、トラブルを未然に防ぐために事前に所有者の許可を取っておく必要があります。

塗料が飛散した時の責任は誰にあるか?

塗料の飛散防止対策を十分に施した上で、それでも車などに塗料が散ってしまった場合の責任はやはり工事施工業者にあります。塗料が散ってしまった場合は速やかにディーラーに相談し、塗料除去とコーティング作業を行ってもらう必要があります。

費用は普通車・軽自動車によって多少の変動はありますが、おおよその費用は12万円~15万円程度です。この補償を実費で行うのは厳しいので、施工業者は保険に入っておくことが必須になります。

塗料が飛散する事故は比較的多いため、保険で対応するのが一般的ですが、中には保険に加入していない塗装業者もいるので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

勘違い

マンション大規模修繕画像いざ外壁塗装を行うとなると、急に車に塗料が散っていないか気になるものです。しかし、日常生活の上で、毎日公道を走ってますよね。街中には工事現場はたくさんあると思います。

マンションの大規模修繕工事、橋げたの塗装工事、歩道橋の塗装工事現場の近くを通行する際に飛散した塗料が車に付着することもあります。
これに気付かずに、たまたま自宅や近隣の外壁塗装工事で塗料が飛散したものと勘違いすることもあります。

成分分析を行えば、現場で使用した塗料かどうかが判明しますが、そこまでするかと言えばやらないことの方が多いでしょう。

ですからやはり、万が一の時のために施工業者は保険に入っておくというのが必須と言えます。

まとめ
塗料が散った場合の責任は施工業者にある。
万が一のために保険に加入しておくことが重要。
保険に加入している業者を選定する。

Return Top