広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

社長、あんたの家は何を塗っとるんね?

絶対に秘密にしておきたい事実

「社長、あんたの家は何を塗っとるんね?」

よくぞ聞いてくれました。いえ、聞かないでください。(笑)これが一番シビアな質問です。
弊社は数社のメーカーと取引をさせていただいておりますので、うちの自宅には○○を塗ったよなんて言うと、採用されたメーカーは喜ぶでしょうが、そうじゃない他メーカーははぶてると思うのです(笑)

自宅に塗れる塗料はひとつですから、できれば秘密にしておきたいことでした。(汗)

外壁塗装のプロが選んだ塗料

ガイナ材料缶の画像私の家は最新の高気密高断熱住宅ではありません。築年数も20年以上経過している木造モルタル壁の家で、夏は暑いし冬は寒い・・・(笑)挙句の果てに冬になると1階の押し入れは結露するわ、二階も雨漏りしました(笑)ここは笑えませんが、何事も経験が大事だと思ってます(笑)

抱えている問題点の中で結露というのが一番のネックでした。築年数が経過しているのでおそらく壁内の断熱材も湿気ており、断熱性能が低下していることが予想されました。こうなれば最適な塗料は断熱ガイナしかありません。

実は、自宅に断熱ガイナを塗ったことはメーカーである日進産業には内緒にしています。材料を注文する時も仮名で注文しましたので、このページを見ない限りはバレないはずです。これ、マジです(笑)

断熱ガイナを塗ってみて効果は?

正直、アルミサッシはシングルガラスなので、断熱性能が前より向上することはあっても、言われている光熱費が25%安くなることはないだろうと思っていました。結露さえしなければ良いと思っていましたから。

私の自宅ではエアコン1基で2部屋(約20帖)を冷やしているのですが、当然エアコンの付いていない部屋の方はなかなか冷えないので、冷風がいきわたるよう扇風機を補助に使っておりました。

ところが驚くことに今年の夏はその扇風機が必要なくなったのです。それだけならまだしも、温度設定は29℃のまま、それより下げたことは今夏(平成28年)一度もありません。これは外壁にガイナを塗装したからに違いありません。

では、2階の環境はどうかと言うと、正直、日中は余り変わらないかな・・・というのが体感上の正直なコメントです。ただ、夜はやはり29℃設定でエアコンをつけると15分も経てば寒く感じるようになります。

熱が建物に与える部位ごとの影響率は、屋根が16%、壁が9%、窓が49%と言われているように、ほとんど窓から熱の影響を受けてしまいます。あるいは窓から熱を損失してしまいます。それと同様に、熱くなった屋根からも輻射熱が伝わるので、2階の部屋は大きな変化を感じることがないのだと思います。

結論ですが、外壁に断熱ガイナを塗って大正解でした。いくら光熱費が下がったかはまだわかりませんが、今冬はどうなるか今から楽しみです。
ガイナが良いのは、10年後にガイナの上からどんな塗料でも塗れること。またどんな塗料を塗ってもガイナの断熱効果はほとんど変わらず継続するところですね。

窓ガラスがシングルガラスの家に断熱ガイナを塗っても効果は出る。特に1階の環境が変化する。

Return Top