広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

屋根に塗るべき塗料はこれ

屋根は外壁の1.5倍早く傷む

外壁に何を塗ったらいいかなと考えられる方はいても、屋根はあまり重要視されていない方がほとんどです。これは間違っています
屋根塗装こそ、何を塗るかを考えるべきです。
屋根は外壁より過酷な条件下に晒されています。雨や紫外線や熱の影響を直接受けているのが屋根。夏場の屋根の表面温度は約70度にまで達するほど。

車の塗装も側面のドア部分より天井部分やボンネットなどが先に傷みますよね?家も同じなのです。

屋根が建物に与える熱の影響

屋根から熱が伝わっている赤外線画像こちらの画像をご覧ください。赤外線画像では温度が高いと白に、温度が低い部分は黒(濃紺)に近い色で表示されます。

こちらのお宅はカラーべスト屋根ですが、屋根は白色を示しており、外壁は赤と屋根が受けた熱が外壁にも伝わっていることがわかります。

これはすべてのお宅で同じことが言えますが、屋根材の種類によって熱伝導の大きさは変わりますが、夏場が部屋が暑いというような現象はこのように屋根から来ているのです。

屋根の下には通常小屋裏といって空間層を設け、換気口から空気が入れ替わるようになっており天井裏に断熱材を敷いてありますが、熱伝導はこれだけでは抑止できてないということが赤外線画像でわかります。

ではどうすればいいか?

屋根に何を塗ればいいのか

結論からいうとズバリ、断熱塗料を塗ることです。単なる遮熱塗料では冬場の光熱費が上がってしまうため駄目です。熱を消す塗料や熱交換塗料などを塗るのがベストです。
屋根に断熱塗料を勧める理由画像もはや日本の夏は南国の熱帯地域と考えるべきです。考えてみてください。熱帯地域に生まれた子供と日本で生まれた子供が熱帯地域で生活するとします。どちらの子供が元気に過ごせるでしょうか?

おそらく暑い環境に慣れていない日本の子供たちはすぐにへたれてしまうと思います。

一般の塗料では屋根はもたない画像マラソンはどうでしょうか?マラソンに強い選手はほとんど黒人ですよね。

彼らはもともと暑い国で生きていけるDNAをもって生まれ、暑い国で練習を積んできたから強いのです。これを屋根塗装に置き換えればよいのです。

屋根に一般の塗料を塗っても持たない。熱に対応できる能力を持って生まれた塗料を塗る方が長持ちするし、省エネにつながる。消熱 断熱 熱交換塗料などがおすすめ

屋根に塗るべき断熱ガイナ
屋根に塗るべきスーパーエコ体感

Return Top