広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

外構ブロック塀の塗装のふくれ・はがれ・浮き

外構ブロック塀の塗装のはがれふくれるとかはがれているとかの現象がよく見られます。

ここで、はがれている箇所を補修して、上から塗装するとまた同じことを繰り返してしまいます。まずはどうしてふくれたりはがれたりするのか、原因とメカニズムを知っておくことが大切です。

外構ブロック塀の塗装がふくれる原因

外構塀の塗装のふくれ・浮き外構のブロック塀(へい)はコンクリートブロックで躯体を作り、その上から装飾塗装をしていることがほとんどです。

コンクリートで塀を作るとコストがかかるので、ブロックで施工するわけです。

昨今は、このブロック塀が経年後に倒壊する事故が増えてきているので、学校の外構ブロックは撤去するような流れもみられますよね。

図のように塀の内側に土があると、土の中の水分をコンクリートブロックが吸い込んでしまい、外側へ出よう出ようとします。

このメカニズムで塀の外側の塗装が浮いたりはがれたりふくれたりするわけです。

そして、地面上に出ているコンクリートブロックは実は図のように地面の中に基礎があり、埋まっています。つまり、年中地中の水分を吸い上げてしまうのです。

このように外構とよばれる塀には、透湿性・通気性を有する塗料を塗らないと、ふくれたりはがれたりします。

外構ブロック塀の間違った塗装

ここで、陥りやすい罠があります。それはコンクリートブロック構造なので割れやすい構造体であることから、伸縮性のある弾性系塗料を選定してしまうという点です。

確かに弾性系塗料を塗ればブロックのつなぎ目が割れにくくなりますが、透湿性・通気性は低下することになるので、塗膜のふくれやはがれや浮きが発生しやすくなります。

塗装が風船のようにふくらんでいたり、ただれているのを見たことはないでしょうか?あれはすべて間違った塗料を塗ってしまったことで起こっている現象です。

外構ブロック塀に不向きな塗料

こうした性質上、外構ブロック塀の塗装は透湿性・通気性の高い塗料を選定することが必須になります。
間違った塗料の選定例

  • ジョリパッド仕上げ
  • 弾性塗料の仕上げ
  • 吹付タイル仕上げ
  • これらは透湿性・通気性が低い塗材なので外構ブロック塀の仕上げには不向きです。

    外構ブロック塀のふくれはがれ浮き対策

    外構ブロック塀の塗装をはがすこちらの現場は玄関前の外構ブロック塀がジョリパッド仕上げになっており、浮きが見られました。ここでよくありがちなのが、浮いている部分だけはがして段差を左官補修してから塗装する方法です。

    これは上で述べているように間違った補修方法です。この場合は透湿性・通気性の乏しいジョリパッド層を全面はがし、撤去しなければなりません。

    外構ブロック塀の塗装のはがれ補修既存のジョリパッド塗膜をはがしたら、カチオンフィーラーで全面下地調整をし、フラットにします。
    カチオンフィーラーが乾燥硬化したら、塗装をします。

    この現場は透湿性・通気性の高いアクリルリシンを吹き付けました。

    これでこの外構ブロック塀の塗装ははがれたりふくれたりすることはなくなります。
    ジョリパッドの鏝仕上げの質感は確かに高級感があり良いのですが、はがれたのでは台無しですよね。

    Return Top