広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

松下電工のレサスは塗装できる?

塗装しない方が良いカラーベスト|松下電工レサス(ピュアベスト900シリーズ)

松下電工レサスのひび割れ画像

*松下電工(現:KMEWケイミュー株式会社)のレサスはひび割れやすいカラーベスト屋根材です。上図のように経年後無数のひび割れが発生するので塗り替えではなく張り替えなければなりません。

上の写真の右方向に一枚だけ黒い屋根材があります。この部分は他社が差し替え補修したとのことですが、割れやすい屋根材なのでレサスの上に人が上がると余計に割れてしまうことが予想されます。一体どうやって補修したのでしょうか。また補修作業で他の屋根材を一枚も割らなかったとは考えにくいです。

*H15年12月に(株)クボタと松下電工(株)(現 パナソニック(株))の住宅外装建材事業部門を事業承継し、現在はケイミュー(株)となっています。(H22年10月1日付で”クボタ松下電工外装(株)”から“ケイミュー(株)”に社名を変更)

松下電工レサスがひび割れる理由

松下電工レサスがひび割れるのは、強度が低いことによるものと推察されます。平成18年9月1日より「労働安全衛生法施行令」および「石綿障害予防規則」の一部が改正され、これらの法令に基づく規制の対象となる商品の石綿含有率(重量比)が「1%を超えるもの」から「0.1%を超えるもの」に改められたのですが、松下電工のレサスは法規制を受けない屋根材となります。

つまり元々屋根材の強度を維持するために使われていたアスベストが従来の1/10しか使用されていないので割れやすくなってしまったと考えられます。

レサス屋根には上がれない

松下電工レサスの欠け画像松下電工レサスは地上からでは到底見えないレベルの微細なひび割れや画像のような欠損などが見られるのが特徴です。自然にこうなるわけですから、塗装の現調と言って業者が屋根に上がれば簡単に割れてしまいますから、むやみに屋根に人を上がらせるのは避けた方が無難です。

レサスを塗装しても意味がない理由

松下電工レサスのひび割れ画像レサスのひび割れが表面的なものなのかどうかを調べるために一枚剥がしてみると、上方のレサス屋根材で隠れている部分までひび割れていることが分かります。

ということは、仮にレサスを出来るだけ割らないように気を付けて、目で見えているひび割れ部分にシーリング材をなすりつけて塗装したとしても、全くメンテナンスにならないということが分かります。なぜならカラーベストは、屋根材で隠れている重なり部分から雨水を毛細管現象によって吸い上げてしまうからです。松下電工のレサスは雨漏りし易い屋根と言えます。

KMEWコロニアルグラッサで張り替える

KMEWコロニアルグラッサの実物画像レサスの張り替えはKMEWのコロニアルグラッサがおすすめです。

グラッサシリーズは無機顔料を混合した「無機化粧層」、細かい石に釉薬加工を施した「無機彩石層」、無機系塗膜「グラッサコート」と、紫外線対策を何重にも施した無機3層構造のカラーベスト。色あせしにくくキレイが長持ちする独自の化粧層になっているので、推定20年は塗装メンテナンスも必要ありません。
グラッサコートの構造を説明したイラスト画像
*ケイミュー株式会社ホームページより抜粋

松下電工のレサスの張り替え実例はこちら

Return Top