広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

サイディング外壁に付着したシリコンシーリング材の対処方法

使ってはいけないシリコン系シーリング

シーリング材には、アクリル系、ウレタン系、変成シリコン系、シリコン系などの種類があり、それぞれにどういう部位に使うものかが決まっていますが、ホームセンターなどで購入できるため、つい安いシーリング材を選んでしまいがち・・・

シリコンシーリング材の残存画像
上の画像は目地シーリングがひび割れたために、お施主様がDIYでシリコンシーリング材をなすりつけてしまったものです。シリコン層が残っている部分は水を弾いています。

このように間違ったシーリング材を使って補修を行うと、のちのちの塗り替え工事において妨げになる重大な問題なのです。

シリコン系シーリング材は水も油分も弾いてしまうので、塗料が密着しません。シーラーやプライマー、弱溶剤、強溶剤塗料も密着しません。

シリコン系シーリング材の上から塗装ができる専用のプライマーがありますが、これを塗って塗装しても経年後に剥がれてきます。従って、このシリコン層はすべて除去しなければなりません。

シリコンシーリングが使ってある場所

シリコンシーリング材の残存画像シリコン系シーリング材を使う業者は、アルミサッシ屋さん、エアコン屋さん、設備屋さん、内装屋さんなどです。

例えば、エアコンの配管貫通部のスリムダクトのヘッド回りや、電気メーター回り、換気ガラリ回りなどにシリコンを使ってあることが多いのですが、基本シリコン系シーリング材は外部特に外壁に使ってはいけません。

そこでまず、シリコンが付着している部分を把握するため霧吹きで水を噴霧します。水を弾く部分はシリコン系シーリング材が付着している証拠です。

残存シリコン層を研磨除去中の画像次に、ワイヤーブラシなどで残存シリコン層を研磨して除去します。

この際にサイディング表面の塗膜も一緒に剥がれてしまうので、塗装すればわからなくなるように研磨する必要があります。

あまり研磨しすぎると、その部分だけ谷にように低くなってしまうので塗装した後に目立ってしまいます。

残存シリコン層を確認する方法画像研磨した後にもう一度水を噴霧して水を弾かなくなったことが確認出来たらOKです。これで塗装できる下地になりました。

下地が乾燥したら念のために逆プライマーを塗布してから、塗装工程に入っていきます。

このやり方は色を付ける塗装の場合にのみ有効で、クリアー仕上げには使えません。

シリコン系シーリング材は使わない

このようにシリコン系シーリング材は安価で耐久性も高いので、ついつい使ってしまいがちになりますが、外壁面には使ってはいけません。

シリコン系シーリング材を使っていい場所は、流し台や洗面化粧台回り、洗濯パン回り、トイレの便器回り、ガラス取り合いなど、主に室内で使うものです。外部には使わないようにしてください。

サイディング目地のシーリングが割れていて気になる場合は、お客様ご自身で補修したりせず、専門業者にご相談ください。

Return Top