広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

外壁のひび割れ補修の仕方(方法)

住宅の外壁にひび割れが発生しやすい部位は?

住宅のひび割れやすい部位画像のように、住宅にはひび割れ(*クラック)が発生しやすい部位があります。日当たりが良い面や窓周り、ベランダの手すり壁、基礎などです。一度ご自身でひび割れをチェックしてみてくださればどれかに当てはまるはずです。

外壁塗装を行う際は、このひび割れもそれぞれに適正な方法で補修する必要があります。

*クラック・・・建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのことです。なのでクラックは業界用語、ひび割れとクラックは同じ意味です。 

外壁はひび割れても大丈夫なの?

ひび割れた住宅の画像コンクリートやモルタル壁にひび割れが発生していると、壁が落ちてくるんじゃないかとか、水が入って雨漏りするんじゃないかとか不安になりませんか?

あるいは、業者からそのような指摘を受けたことはないでしょうか?そんなことを聞くと不安になられると思います。

ここでは外壁のひび割れについて、一級建築施工管理技士、国交省指定監理技術者の品川が正しい知識をお教えいたします。

外壁がひび割れる3つの理由(要因)

まず、コンクリートやモルタル壁がどうしてひび割れるのか、ご存知でしょうか?一般の方の想像では地震でひび割れてしまうと思われるのではないかと思いますが、実はひび割れが発生するメカニズムは地震だけではありません。

モルタルやコンクリートは、熱変動や乾燥する際にもひび割れることがあります。たとえば日中は外壁に陽が当って温度が高いのに、陽が沈むと温度が下がりますがこの温度変化によって外壁が収縮するので、その際にひび割れが発生することがあるのです。

また、施工中つまり、モルタルを壁に塗っているときに急激に乾燥したりするとひび割れてしまいます。このように外壁のひび割れには熱収縮によるもの・乾燥収縮によるもの・地震によるものの3つの要因があるわけです。

ひび割れ補修の仕方(方法)

ひび割れを削って目地を作りシーリング材を充填している画像

ひび割れを削って目地を作りシーリング材を充填している画像

ひび割れ補修の仕方は構造によって異なります。Uカットシーリング工法と言って、ひびわれを削って溝を作り、中にシーリング(コーキング)材を埋め戻すやり方はコンクリートのひび割れ専用の補修方法です。

このUカットシーリング工法をモルタル壁の住宅に採用すると大変な問題が起こってしまいますので要注意です!

モルタル壁の断面イラスト画像モルタル壁の住宅の外壁の構造はこのようになってます。防水シート(アスファルトフェルト)の上にラス網を張り、その上からモルタルが1センチ程度塗ってあります。
そもそも通常のひび割れはこのモルタル層のみが割れている状態で、下層には防水シートがあるのでこの防水シートが破れたりしていなければ雨漏りすることはありません。

※防水シートまで破れているかどうかは弊社の赤外線カメラで見ればわかります

そしてもしこのモルタル壁のひび割れをUカットシーリング工法で補修すると、もともと1センチしか厚みのないモルタル層を削るわけですから、削りすぎてしまうとラス網だけでなく防水シートも切断してしまう恐れがあるのです。それは本末転倒ですね。

よってモルタル壁のひび割れ補修はUカットシーリング工法はやってはいけないということになります。
比較的小さなひび割れなら微弾性フィーラー原液を刷毛で刷り込むか、アクリル系シーリング材を充填するのがベストです。この方が補修個所がみみずばれになったりせず、綺麗に仕上がります。

ひび割れに微弾性フィーラー原液を刷り込んでいる画像

まとめ:モルタル壁のひび割れ補修はUカットシーリング工法で補修してはいけない
Return Top