広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

TOTO光触媒ハイドロテクトカラーコートECO-HG

TOTO光触媒ECO-HGは一部製品に不具合が見つかったため、平成27年9月24日をもちまして一時販売停止となりました。ECO-HGをご採用いただいたお客様には*点検を実施させていただき、万が一不具合が見つかった場合は責任をもって然るべき対応をさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。また異常を感じられたお客様はお気軽にご連絡をお願いします。なお、TOTO光触媒をお求めの方はECO-SPかECO-EXをお求めください。*弊社のECO-HGをご採用いただいたお客様は、平成27年9月23日までにすべて点検を終えておりますが、引き続き定期点検を実施させていただき、不具合が確認された場合はメーカーの技術担当と精密検査に入らせていただきます。

%e3%81%8a%e5%be%97%e6%84%8f%e6%a7%98%e8%aa%ac%e6%98%8e%e6%96%87%e6%9b%b8
ECO-HGをご採用いただいたお客様で不具合を感じた場合は082-228-5039までご連絡ください。メーカーの全額補償で塗り替えさせていただきます。申し訳ございません。
TOTO光触媒ハイドロテクトカラーコートECO-HG

大同防水は2014年度TOTO光触媒施工実績中四国エリアNo.1を獲得しました。TOTO光触媒中・四国エリア第1位の実績画像

憧れのTOTO光触媒がお求め安く

これまでのTOTO光触媒塗料のイメージは、良いのはわかるんだけどちょっと高くて手が届かないわだったと思います。そんなお客様の声にお応えするべくTOTO光触媒ハイドロテクトカラーコートECO-HGが新登場。誰もがお求め安くなりました。

艶消しで弾性性能を持つ光触媒

光触媒といえばTOTO。でも塗膜が固いので目地シーリングの上に塗装すると割れる・・・そんなデメリットを克服したのがECO-HGです。

シーリング上の塗膜のひび割れ画像シーリング目地は動くのでゴムを充填して建物の動きに追従させるようにしてあるのです。

この*柔らかいゴムの上に固い塗料を塗ると当然割れてしまいます。しかしシーリングは塗料よりも耐久性が低いのでいくら壁に高耐久塗料を塗ってもシーリング目地が割れてしまえば高耐久の意味がないですよね。*固い塗料とはシリコン・フッ素・無機系塗料など(弾性シリコンは除く)

IMG_2075この目地シーリングを長持ちさせるためには、シーリングの上から塗装をかけて紫外線からシーリングを保護してやるのが一番良いのです。

少し柔らかい光触媒の登場で、サイディングやALCやコンクリートなどの目地シーリングの上から塗装できるようになりました。これによって目地シーリング材を紫外線から守ることができ、目地部分の補強になります。

特に、塗料の性能はいいけど目地部分(シーリング)を長持ちさせたいという方には持って来いの塗料、それがECO-HGです。

太陽光が当たらない北面や日陰部でも効果を発揮

光触媒はTOTOが特許を取得しています。よって同じ光触媒といっても他社製品とは全く別物です。

  • TOTO光触媒は光が当たらない北面や日陰でも効果を発揮します!
  • TOTO光触媒は隣接する建物との距離が1m以上あれば十分です!
  • TOTO光触媒は静電気を帯びにくい塗膜を形成するので、雨があたりにくい場所でも防汚効果を発揮します!
  • TOTO光触媒のデメリット画像

    TOTO光触媒はこんな建物に向いています
      まず、艶消し仕上げですからいかにも塗ったばかりという仕上がりがお好きでない方に。
      柔らかい塗料なのでひび割れが気になる方に。
      サイディング、モルタル、ALC、コンクリートを選びません。どんな外壁にも下塗りを替えれば相性抜群です。
    感動を塗る会社 大同防水工業株式会社 ■お電話でのお問合せ
    ホームページを見たとお伝えください。
    TEL : 082-228-5039(平日9時〜17時) FAX: 082-223-2017
    ■メールフォームでのお問い合わせ
    「こんなこと聞いてもいいのかな…」という心配は全く不要ですので自由にお書き下さい。

    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名(任意)

    メッセージ本文(必須)

    こちらの文字列を入力してください。※小文字・大文字は関係ありません (必須)

    captcha

    Return Top