広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

外壁塗装の保証期間は何年くらいが常識?

外壁塗装工事は製品ではなく半製品

ガイナ塗料缶の画像外壁塗装工事は製品ではなく半製品と言われております。製品なのは塗料だけであって、その塗料を誰がどのようにして塗るかで工事の品質が決まります。

一般的に、外壁塗装工事の金額は軽自動車が一台買えるくらいの金額になりますが、これが自動車メーカーの製造した車なら安心ですが、誰がどのように塗るかで品質が変わる工事であればやはり保証が欲しいところですよね。

外壁塗装は軽自動車が買えるイメージ画像ところが実際は、塗装工事に保証がついてなかったり、保証がついていても3年とか5年とか、塗料のグレードによって保証期間が違ったりする会社が多いようです。どうしてこんなことになるのでしょうか?

塗装(塗料)業界は、外壁を塗り替える目安は10年ごとと啓蒙しております。塗り替え勉強会やセミナーなどでもそう教えられるはずです。

そう聞くと消費者は、『なるほど、じゃあ10年保証してくれるのね』と思われないでしょうか?なのに保証はつきませんとか、保証期間は3年です、なんて言われるとどうもふに落ちないのではないかと思います。

外壁塗装の保証は何年であるべき?

塗装(塗料)業界が10年を目安に塗り替えてくださいと言っているのだから、そこは10年保証するべきだと考えます。もし保証が3年しかないのであれば3年ごとに塗り替えてくださいと言うべきですし、保証が5年しかないのに10年持ちますよ、なんていうのもおかしいと思うのです。

そもそも保証は“安心”です。保証内容にもよりますが、保証の大まかな定義は、何かあったときは責任を持ってきちんと対応してくれるアフターサービスが付いているのかどうか?
ということではないでしょうか。

業者選びや塗料選びには時間を費やされる方が増えてきた感がありますが、一番重要なのは塗装工事前ではなく、塗装工事が終わった後の保証ではないでしょうか。
大同防水はそういったことから何を塗っても10年保証と言っております。10年ごとに塗り替えるなら、次なる塗り替え時まで保証するのが筋だと思うのです。

そして、一度ご縁を頂いたお客様とは生涯お付き合いさせていただきたいから大同防水は何を塗っても10年保証する、それだけです。

Return Top