広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

失敗しない外壁塗装工事9 外壁塗装における正しい相見積りの取り方

外壁塗装に失敗した家数社から見積もりを取るのはもはや当たり前時代。しかし相見積りを取って業者選定したという方が、必ずしも外壁塗装に成功しているというわけではありません。
むしろ失敗している方の方が多いのが実情です。

例えば、自分の家の構造に適していない塗料を塗ってしまったり、求めているものと塗られた塗料の持つ特性がマッチしていないようなケースです。

例えば、現状が艶消し仕上げなので当然艶消しで仕上がると思っていたら艶ありでピカピカ光るようになってしまった、という具合。

やみくもに複数業者から相見積りを取ってしまい、塗料の艶のことまで確認しなかったことが招いた結果です。

あるいはその塗料が艶ありか艶消しかをしっかり説明してくれない業者も不親切ですよね。

相見積りを取ったほうが良い理由

そもそも、複数社から相見積もりを取った方が良い理由を理解されているでしょうか?

単に価格を比較するためだけに相見積もりを取るのではありません

相見積りを取った方が良い理由は、技術や知識の高い業者かどうかを見抜くためであり、言い換えればどの業者がお客様にとって最良の提案してくれているかを見抜くため、ではないでしょうか。

例えば、A社が比較的リーズナブルなシリコンで提案してきたとします。これに対しB社は断熱ガイナで提案してきた場合、何が違うのでしょうか?

要するにA社はお客様にシリコンをお勧めしている(売りたい)、B社はお客様に断熱ガイナをお勧めしている(売りたい)わけですね。
シリコンとガイナどちらが良い?イメージ画像

どうしてA社はシリコンを売りたいのでしょうか?安いから、平素からシリコンばかり売ってるから、など理由が必ずあるはずです。

では、B社はどうしてガイナを勧めたのでしょうか?ガイナは安くはないです。平素からガイナばかり売ってるから?こちらも何かしら理由があるはずですね。

大事なのはその理由がお客様のためかどうかです。

例えば、もともと外壁が薄いとか、断熱性能が低い建物だということをB社は診断したのかもしれません。あるいは、お施主様が夏は暑くてたまらないわとか、冬はものすごく寒いのよ、なんてこぼしたかもしれませんね。

もしそうであれば、A社とB社のどちらがお客様のことを考えて提案しているか?その差は歴然としています。

この場合シリコンでは夏は暑く冬は寒いという悩みを解消することはできませんので、B社の勧める断熱ガイナで検討するのが正解です。

絶対に衝動買いはしない

洋服を買う時、どんな行動をとるでしょうか?洋服を買うつもりはないのにウィンドウショッピング中についつい買ってしまった!なんてことはないでしょうか?

これは衝動買いですね。そしてその洋服をほとんど着ることなく捨ててしまった、という経験はないでしょうか?

これが買い物に失敗するパターンですね。

洋服ならまだしも、100万円クラスの外壁塗装工事で衝動買いをしてしまうと取り返しがつきません。

正しい相見積りの取り方は、価格だけを比較するのではなくどういう提案をしてくれるか情報を集めるということです。

Return Top