広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 受付9時~17時。見積り無料 

Read Article
top

失敗しない外壁塗装工事8 築15年以上経過している人のための外壁塗装

あなたの塗り替えサイクルで

塗り替えサイクルイメージ画像築15年以上経過している人あるいは、前回の塗り替えから15年以上経過している人は、10年ごとに塗り替える人とは違った考え方で塗装工事をするべきです。
なぜなら、この度塗り替えをしたとしてもおそらくまた15年は塗り替えることはないでしょうから。それがあなたの塗り替えサイクルなのです。

あなたが10年ごとに塗り替える人ならば、塗料は10年持てば良いわけです。15年、20年耐候性がある塗料は不要ですよね。でも15年サイクルで塗り替える人ならば、15年以上の耐候性を持つ塗料で塗り替えなければ、あなたのライフサイクルには合わないことになります。

一般的には10年を目安に塗り替えた方がよいと言われていますが、10年をとっくに過ぎてしまっているからと慌てて塗り替えるよりも、自分に合った塗替えサイクルで最適な塗料で塗り替えることが大切です。慌てて予算がないからとりあえずシリコンで良いや!・・・なんて決め方が一番良くありません。

耐久性が15年以上の塗料は?

耐久性(耐候性)が15年以上の塗料は、フッ素樹脂(12~15年)、水性無機ハイブリッド(15~20年)、光触媒塗料(20~25年)などになります。一般的なシリコン塗料やウレタン塗料では15年は持ちません。

どんな塗料がお勧めなの?

築年数が15年以上経過した住宅にお勧めの塗料はズバリ断熱ガイナです。住宅は室内の湿気が壁の中を透過し壁内に流入します。例えば外壁がモルタルの場合はこの湿気を溜めこまないように通気性の高いアクリルリシンが吹きつけてあります。あるいはサイディング通気工法の外壁の場合は、通気層の間を通って外部に排出されるようにできているのです。

壁内の断熱材は経年により吸湿し、年々断熱性能が低下して行きます。一度吸湿した断熱材はなかなか乾かないばかりか、カビの温床になったり外壁にコケや藻を繁殖させる要因となります。この問題を解決するには断熱材を交換することになりますが、壁を剥がさないといけませんので大がかりになってしまいます。

そこで浮上してくるのが通気性の高い断熱ガイナ。外壁側に塗るだけで断熱効果を復元できるだけでなく、外側に断熱層を設けることで壁内で湿気の影響を受けることもありません。

二回目の塗替えを計画されているお客様のお宅に現調にいくと、どうしてこの塗料で塗り替えたのかな?と疑問に思うことが多々あります。お客様の住まいの構造に適してない塗料が塗られていることが多いのです。それだけ世の中の塗装業者は建物の構造を知らないと言えますし、お客様の住まいの事を大切に想っていないということが分かるのです。

ではフッ素、水性無機、光触媒、どれがおすすめなの?ということですが、答えはどれもお勧めです。あるいはお勧めはありません。と言います。なぜなら、何を重要視するかによって使用する塗料が変わるからです。例えば艶消しと艶ありはどちらが良いですか?明る目の色と暗めの色どちらがお好きですか?通気性を重視しますか?汚れの付きにくさを重視しますか?ひび割れが気になりますか?省エネ塗料が良いですか?という具合です。

すべてを持ち合わせている万能の塗料はありません。塗料を選ぶポイントはまず、自分の塗り替えサイクルで考え、何を重視するのかを明確にすることです。
それから相見積りを取って比較検討するのがベストでしょう。何の塗料が適しているのかわからないまま複数社から相見積りを取っても混乱するだけです。

もちろん大同防水では詳しくヒヤリングしますのでお任せ下さい。

Return Top