広島の屋根・外壁塗装専門店 大同防水工業株式会社

ホームページを見たとお電話ください。TEL.082-228-5039 電話受付9時~20時まで。見積り無料!メールは24時間受付。 

top
Read Article

コンクリート打ち放しのリペア・部分補修

コンクリート打ち放し(打ち放しコンクリート)リペア(部分補修)を目立たないように補修できたら・・・こんな要望はないでしょうか?

コンクリート打ち放しの欠け
※クリックで拡大します
例えばこちら。掘り込み車庫が打ち放しコンクリート仕上げになっていますが、画像の赤丸部分のコンクリートが欠けています。

コンクリートはコーナー部分の強度が弱いので、硬いものをぶつけたりすると、このように欠けてしまうことがよくあります。

コンクリート打ち放しを普通に補修したら

これを普通に左官補修したら・・・樹脂モルタルはコンクリートの色とは異なり、若干茶色っぽくなってしまうので、補修跡が目立ってしまいます。

この後に全体を塗装で仕上げるのならこの補修方法でもよいのですが、そもそも打ち放しコンクリートに一般的な塗装をするのはナンセンスです。

せっかくコンクリート打ち放し仕上げでかっこいいのですから、コンクリート打ち放しの質感は変えたくないと思われる方が多いのではないかと思います。

コンクリート打ち放しのリペア補修

コンクリート打ち放しのリペア補修そこで・・・もうひと手間加えると、このようにコンクリート打ち放しの質感のまま仕上げることができます。

真近で見てもどこが欠けていたのかわからないほど精巧にリペア補修されています。

欠けてしまった部分がきれいになったので、元々の苔汚れも取れてしまったので白っぽく見えると思いますが、日が経つと苔汚れが付着して全くわからなくなります。

このように、コンクリート打ち放しのリペア補修は非常に難しいのですが、大同防水ではコンクリート打ち放しの全面改修、リペア補修も承っております。
お気軽にご相談ください。

Return Top